法人印鑑の豆知識-印鑑通販のはんこプレミアム

★お気に入り
新規会員登録
ログイン
はんこ・実印・印鑑の安い印鑑通販店【はんこプレミアム】
印鑑通販のはんこプレミアムTOP > 文章カテゴリ > 印鑑の豆知識 > 会社設立時に準備すべき印鑑
ご利用方法
ご注文方法
お支払い方法
発送・送料について
返品交換について
特定商取引法
コラム
会社概要
プライバシーポリシー
お問い合わせ
サービス一覧
「特急出荷」サービス
デザイン校正サービス
アタリの埋込みサービス
安心10年保証サービス
印鑑の選びについて
印材について
書体について
サイズについて
旧漢字一覧表

※電話での注文は承りません

月~金 10:00~18:00

昼休み(13:00~14:30)

(土・日・祝日休)

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

FAX専用用紙を印刷頂き、必要事項をご記入の上でFAXをお送りください。FAX:03-4579-0561

▼ 2018年11月 ▼
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カスタマーサポート休業日

印鑑の豆知識


印鑑作成専門店 TOP > 印鑑の豆知識 > > 会社設立時に準備すべき印鑑


会社設立時に準備すべき印鑑



 起業して会社設立する際には、ひとまず、3つの印鑑「実印」「銀行印」「角印」を用意すれば十分だ。法人登記に「実印」は必須だが、一般的なリスク回避や業務効率化ために「銀行印」「角印」を別途用意する。その三つの印鑑、それぞれの利用目的や効力についてみていこう。


会社実印とは


 会社実印、法人実印、または役職印とも言う。会社実印は、法務局に登録する法人組織の実印として大切な契約の際に使用する。 個人の実印と区別するため、印影が回文と中文の2重枠になる。外側の回文に「会社名」を入れ、内側の中文に「代表取締役印、代表之印、理事長印」などの字入れる。

 会社実印は、法務局で会社設立の手続をする際に、登録手続をする。形式的には、法人登記を変更することも可能な極めて大事な印鑑であり、会社実印が押されている書類は、原則として、その会社が正式な意思決定に基づいて印鑑を押したものとして扱われる。


会社銀行印とは


 会社銀行印は、会社・法人用の金融機関出納や保険の契約など、金銭に関わる契約に使用する印鑑となる。個人の銀行印と区別するため、印影が回文と中文の2重枠になる。外側の回文に「会社名」を入れ、内側の中文に「銀行之印」「会計之印」などの字入れをする。


会社角印とは


 角印は、ビジネスシーンで日常的に多く使うことが想定されている印鑑である。社印などとも呼ばれる。一般的には正方形の四角い形状をしている。「株式会社○○之印」というように作成する。

 会社角印は、官公庁職印、法人用の会社角印、組合印、団体などの印鑑、商店や工業所印などとして一般事務や、契約の際の印鑑として使用する。角印は、印鑑証明が必要ない契約や書類「請求書や納品書・見積書など」に捺印。










▼関連記事はこちら▼

・認印について

・銀行印について