印鑑・はんこ専門の激安通販店 -はんこプレミアム-

★お気に入り
新規会員登録
ログイン
はんこ・実印・印鑑の安い印鑑通販店【はんこプレミアム】
GW休業のお知らせ
ホーム > 文章カテゴリ > 印鑑の豆知識 > 銀行印について
ご利用方法
ご注文方法
お支払い方法
発送・送料について
商品の梱包について
返品交換について
特定商取引法
コラム
会社概要
プライバシーポリシー
お問い合わせ
サービス一覧
「特急出荷」サービス
デザイン校正サービス
アタリの埋込みサービス
安心10年保証サービス
印鑑の選びについて
印材について
書体について
サイズについて
旧漢字一覧表

※電話での注文は承りません

月~金 10:00~18:00

昼休み(13:00~14:30)

(土・日・祝日休)

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

FAX専用用紙を印刷頂き、必要事項をご記入の上でFAXをお送りください。FAX:03-4579-0561

▼ 2017年04月 ▼
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カスタマーサポート休業日

銀行印
  銀行印とは、銀行に届出をしているハンコのことで、その用途は銀行預金、郵便貯金などとなっています。証券会社等に口座を開設する際に届け出た印として、銀行印は実印と同じく日常生活の中に大切な印章です。しかしながら、実印のように法的な規定はなく、各金融機関の裁量で印面の規定が決まっています。このため特殊な書体のものや、イラスト入りのものでも登録が可能な場合もあるし、断られる場合もあります。

  現在の日本には、一本の銀行印で複数の口座を開設している人が結構いるのです。そういう場合に困るのは、銀行印を紛失した際、全ての口座で改印の手続きをしないといけないということです。そのリスクを下げるため、金融機関や口座ごとにハンコを使い分ける方がよいのでしょう。

実印
との関係
  実印と銀行印を兼用すると考えている人結構います。
  確かにそれは可能です。なぜなら、そもそも実印と銀行印は用途によって区別されているだけなので、印鑑として明確な定義が存在するわけではありません。しかしその場合、印影が流出してしまい、あるいは盗難に遭ってしまいましたら、金融機関に登録印鑑の変更届を出さなければならないだけでなく、実印自体も廃止や改印をしなければならないなど、非常に手間がかかり面倒なことになります。

 また、重要な銀行口座に関係してくる銀行印は実印と同様に複製されにくいような印影で作ることが大切です。どちらもコピーされにくいような印影で作られますが、兼用にした場合、リスクが高くなってしまう可能性があります。以上の状況にならないためにも、銀行印を実印とは分けて作成し登録しましょう。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      2016-10-24

 

 

 

はんこプレミアム株式会社