個人銀行印の豆知識-印鑑通販のはんこプレミアム

★お気に入り
新規会員登録
ログイン
はんこ・実印・印鑑の安い印鑑通販店【はんこプレミアム】

■特急出荷について■
特急出荷(有料+300円)の締め切りは平日の14時まで(土日以外)※クレジット決済のみご利用になります!
【特急出荷対象外】法人チタン・宝石類・ゴム印・印影デザイン校正・手彫り仕上げ・アタリ付け
お急ぎの方、必ずご希望の到着日を備考欄にご記載してくださいませ。
特急出荷のご注文のキャンセルはできません。

印鑑通販のはんこプレミアムTOP > 文章カテゴリ > 印鑑の豆知識 > 銀行印とは
ご利用方法
ご注文方法
お支払い方法
発送・送料について
返品交換について
特定商取引法
コラム
会社概要
プライバシーポリシー
お問い合わせ
サービス一覧
「特急出荷」サービス
デザイン校正サービス
アタリの埋込みサービス
安心10年保証サービス
印鑑の選びについて
印材について
書体について
サイズについて
旧漢字一覧表

※電話での注文は承りません

月~金 10:00~18:00

昼休み(13:00~14:30)

(土・日・祝日休)

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

FAX専用用紙を印刷頂き、必要事項をご記入の上でFAXをお送りください。FAX:047-489-5596

▼ 2023年01月 ▼
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カスタマーサポート休業日

印鑑の豆知識


印鑑作成専門店 TOP > 印鑑の豆知識 > > 銀行印について


銀行印とは



 印鑑とは実印以外にも、銀行印や認印など様々な種類がある。銀行印とは、銀行もしくは証券会社などに口座を開設する際に届け出た印である。金融機関に登録したハンコのことでお金を出し入れする際には必要である。



銀行印の役割



  印鑑は、持ち主や用途により様々な種類があり、其々の役割を担っている。銀行印の用途は銀行預金や郵便貯金などがある。偽造を防ぐため、個別に製作されたものを用いることが多く、転じてその用途に適した印を指すこともある。実印と違い、法的な規定はなく、各金融機関の裁量で印面の規定が決まっている。このため特殊な書体のものや、イラスト入りのものでも登録が可能な場合もあるし、断られる場合もある。

  また、1本のハンコで銀行印と実印を兼用させている人もいる、1本のハンコで複雑の口座を開設している人もいる。万全を期すなら、銀行印や実印、金融機関や口座ごとに違うハンコを使うほうが良い。

  なぜなら、銀行印と実印と兼用していると、万一盗難に遭ったり紛失した場合は、金融機関へ登録してある印鑑の変更届けをするだけでなく、実印の登録廃止や改印を行うなど大変な手間がかかり、紛失した銀行印を悪用されるリスクも高くなるからである。

  そのほか、最近は、犯罪防止のために預金通帳に印影のシールを貼らないようになっているので、いったんはんこを登録した後は通帳を見ても印影がわからない。キャッシュカードを主に使っているという人でも、ATMを使った取引は金額に上限があるので、高額な取引を行う時ははんこを持って窓口に出向くことになる。届け出印がわからなくならないように、登録印鑑の管理には気を配りましょう。



銀行印のサイズとは



 銀行印は、長年の慣習を元にしたサイズがある。男性用が直径13.5mm~15mmの丸印、女性用が直径12mm~13.5mmの丸印が一般的である。




ユニークな銀行印



 近年では印面に文字だけでなく、絵柄を一緒に彫刻したハンコが人気を集めている。人気のアニメキャラや有名メーカーの車、犬のシルエットや楽器など、その種類はどんどん増えている。こうしたハンコを認印に使用するのは自由である。中には、銀行印として使えるものもある。これは、各銀行ごとに規定があり、それさえクリアできれば銀行印として登録できるから。

  印鑑の側面にメッセージを刻印したハンコが特別である。英数半角文字、漢字、ひらがなあるいはオリジナル画像。気になるパターンを決めって、特別な銀行印を作成しよう。









▼関連記事はこちら▼

・認印について

・実印について