オンラインで印鑑作成する上での注意するポイント

★お気に入り
新規会員登録
ログイン
はんこ・実印・印鑑の安い印鑑通販店【はんこプレミアム】

特急出荷(有料)の締め切りは平日の14時まで。クレジット以外のお支払方法はご利用になれません。★一部商品が対象外。

印鑑通販のはんこプレミアムTOP > 文章カテゴリ > 印鑑の豆知識 > オンラインで印鑑作成する上での注意するポイントとは
ご利用方法
ご注文方法
お支払い方法
発送・送料について
返品交換について
特定商取引法
コラム
会社概要
プライバシーポリシー
お問い合わせ
サービス一覧
「特急出荷」サービス
デザイン校正サービス
アタリの埋込みサービス
安心10年保証サービス
印鑑の選びについて
印材について
書体について
サイズについて
旧漢字一覧表

※電話での注文は承りません

月~金 10:00~18:00

昼休み(13:00~14:30)

(土・日・祝日休)

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

FAX専用用紙を印刷頂き、必要事項をご記入の上でFAXをお送りください。FAX:03-4579-0561

▼ 2019年11月 ▼
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カスタマーサポート休業日

オンラインで印鑑作成する上での注意するポイントとは


印鑑作成専門店 TOP > 印鑑の豆知識 >オンラインで印鑑作成する上での注意するポイントとは


日本はまだサインより印鑑が重要視される国です。事実、一人で何本もの印鑑を持っていることが多く、用途によって実印、銀行印、認印などの分類もされています。その印鑑が最近は通販サイトでよく買われています。それに関する問題点などを考えてみましょう。


印鑑に求められる条件とは

印鑑は実印、銀行印として使うものと、認印で使うものとでは求められる条件が違います。

印鑑では「複製されにくさ」ということが重要なポイントとなります。大事な場面のみで登場する実印は最も複製されにくいものでなければなりません。

お金の払い出しにも使う銀行印も容易に複製されては困ります。荷物の受け取り程度にしか使わない認印でも、複製されにくいものであるに越したことはありません。

「複製されにくい印鑑」のポイントになるのが機械彫りや手彫りという彫り方になります。さらに文字に使われる書体によっても複製されにくさは変わります。

複製されにくさとは直接結びつきませんが、印鑑に使われる素材も大事です。一生ものの実印はそれにふさわしい素材であることが望まれます。銀行印、認印の順で素材のグレードも下がりますが、大切に扱うという意味でも素材選びは大切にしましょう。


印鑑にとって大事なこととは

たいていの物がインターネットの通販サイトで購入できるようになり、日常的によく使う印鑑についても通販サイトでの購入が当たり前になってきました。

よく通販サイトで印鑑を買うことは危険だといわれています。しかし、実店舗で買うのと大差はありません。

印鑑はどこで買うかということより、むしろ印鑑の扱い方のほうが大事なのです。印鑑を盗まれたり、他人に預けたりすることで大きな被害が出るのです。

また契約書がまだ白紙の状態で印鑑を押すと後で大変なことになります。目の前にいる相手でも、印鑑を渡して代わりに押してもらうのもよくありません。

一昔前まで印鑑を持っていなければ母印を押すことがありました。印鑑はそれと同様に個人を特定する大事な物であることを知っておく必要があります。


購入者の評価こそ印鑑購入の決め手

印鑑は実店舗以外にインターネットの通販サイトで安く購入することも可能です。

通販サイトの印鑑が安いのは、粗悪な品質のものを販売しているからではなく、ほとんどが材料を大量に仕入れるなどしてコストを落としているためです。

また個人情報の問題に関しては、情報を提示しなければならないのは通販サイトでも実店舗でも変わりはありません。

安全な印鑑を作成するために大切なことは、通販サイトか実店舗かではなく、購入者の評価で判断することです。

評価のポイントには印鑑の彫り方、書体、素材など何点かあります。どういう印鑑が希望なのかをはっきりさせ、必要な印鑑に関しての購入者の評価を確認する必要があります。


機械彫りと手彫りの違いとは

印鑑の作成には時間がかかってしまうという印象を持っている方が結構います。しかし、最近では作業時間を短縮し、即日完成が可能になってきました。

最も短い時間で作成する方法は機械彫りです。機械を使って彫るので、時間をかけずに印鑑を作成できます。この方法で即日発送の対応を行っている通販サイトがたくさんあります。

ただ機械彫りは複製される可能性もあり、重要な印鑑には向かないという問題があります。

これに対し完全手彫りで作成する印鑑は、職人の手が入るので複製されにくい印鑑になります。しかし、納期までに時間がかかることが大きな問題です。一本一本職人が手彫りするので、どうしても作成に時間がかかってしまいます。


印鑑を通販サイトで購入するにあたっての知識

我々に馴染みのある印鑑には実印、銀行印、認印があります。認印に関しては一日に何度も使用することがあります。これら印鑑には彫り方、書体、素材などのいくつかの要素があり、それらを組み合わせることで偽造されにくい印鑑となります。

印鑑は購入する時、世界に一つだけの物ということを念頭に置きます。しかし実際に大事なのは購入してから後の扱い方です。

他人に預けたり、押してもらったりするのは軽率です。白紙の状態の書類には軽々しく印鑑を押すものではありません。これらの印鑑の取り扱いを知らないため、多くの方が被害に遭っているのです。

印鑑を購入するには実店舗や通販サイトなどがありますが、実際の購入者の評価を調べることが大事です。