このページでは印鑑作成時の字体について紹介しています。

★お気に入り
新規会員登録
ログイン
はんこ・実印・印鑑の安い印鑑通販店【はんこプレミアム】

■特急出荷について■
特急出荷(有料+300円)の締め切りは平日の14時まで(土日以外)※クレジット決済のみご利用になります!
【特急出荷対象外】法人チタン・宝石類・ゴム印・印影デザイン校正・手彫り仕上げ・アタリ付け
お急ぎの方、必ずご希望の到着日を備考欄にご記載してくださいませ。
特急出荷のご注文のキャンセルはできません。

印鑑通販のはんこプレミアムTOP > 文章カテゴリ > 印鑑の豆知識 > 印鑑作成の時に字体は気にした方がいいの?
ご利用方法
ご注文方法
お支払い方法
発送・送料について
返品交換について
特定商取引法
コラム
会社概要
プライバシーポリシー
お問い合わせ
サービス一覧
「特急出荷」サービス
デザイン校正サービス
アタリの埋込みサービス
安心10年保証サービス
印鑑の選びについて
印材について
書体について
サイズについて
旧漢字一覧表

※電話での注文は承りません

月~金 10:00~18:00

昼休み(13:00~14:30)

(土・日・祝日休)

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

FAX専用用紙を印刷頂き、必要事項をご記入の上でFAXをお送りください。FAX:047-489-5596

▼ 2023年01月 ▼
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カスタマーサポート休業日

印鑑作成の時に字体は気にした方がいいの?


印鑑作成専門店 TOP > 印鑑の豆知識 >印鑑作成の時に字体は気にした方がいいの?



印鑑作成時の字体

印鑑作成を依頼する流れとして最終的に字体を撰んだら発註されます。

字体は銀行印や実印のように限定的な使い方をする印鑑なら、より複雑で読みとられにくいものが推奨されますが、認印のように大量生産の印鑑で事足りるものでは、さほど問題になりません。

今回は印鑑作成と字体についての話題を取り上げています。


印鑑用字体の種類

印鑑作成を依頼すると最初に材質選びから始まって、最終的に字体選びをしますが、国内で導入されている字体は6つあります。

いにしえより印鑑用に使用されていたてんしょ体、若干丸みを帯びた字体が特徴のこいん体、最も複雑で読み取りにくいいんそう体、てんしょ体を少しだけわかり安くしたれいしょ体、日常的な筆記体として最も親しまれている行書体、最も使用頻度が高い楷書体の6つあります。

それぞれに個性豊かな字体が多いです。書体はセキュリティを高めるためにもしっかりこだわって選びましょう。書体はセキュリティを高めるためにもしっかりこだわって選びましょう。


実印の印鑑作成でオススメの字体

いにしえから印刷用に利用されてきたてんしょ体、日本生まれのこいん体、デザイン性が高く複雑ないんそう体、やや横広なれいしょ体、楷書体に近い行書体、日常的に使用されている楷書体の6つあります。

それに歴史があり個性的な字体なのですが、個人の実印としてオススメなのはいんそう体です。

流派ごとに字体が変わってきます。形象文字が少し崩れたような字体なため、読み取るのに手間取る事がしばしばあります。

あまりに複雑過ぎて自治体でも文字照会ができずに印鑑登録を断られる事があるのです。


銀行印の印鑑作成ならこの字体

銀行印の印鑑作成は文字どおり銀行口座を開設する時に印鑑登録する印鑑です。

お金の引き出しや預金あるいは払い込みなど、お金の出し入れをする際に使うのでなるべく読み取りにくい字体が推奨されます。

とするといんそう体が最も複雑で、芸術的とも言える独創的な字体ですからオススメなのですが、あまりに複雑過ぎて印鑑認証がしずらく、自治体では嫌がられる事もあるのですが、その分だけ安全性が高く、銀行印として印鑑作成するのにはおすすめです。次に人気なのがてんしょ体です。

紙幣で普通に使われていますから日本人には馴染み深い書体でしょう。


認印の印鑑作成ならこの字体

認印は日常生活で幅広く利用されている印鑑であり、署名の代わりや郵便受けや宅配受け取り、回覧板など日常生活で最も利用されている印鑑でもあります。

印鑑作成も簡単ですから字体にあまりこだわらない方も、時々見受けられますが使う割合が多いという事は、署名という意味も含まれている事も意味していますから、本来100均やホームセンターで見かけるような、簡易印鑑ではなくもっと字体にも気を使うべきなのですが、大半のみなさんはあたかも使い棄てのような感覚で利用されているようです。

あえて字体を撰ぶとしたら最も複雑で偽造しにくいいんそう体がおすすめです。より原始的なてんしょ体もよく利用されています。


字体を撰ぶ時の注意点

字体を撰ぶ目的は安全性を高める事ですから複雑な方が良いのですが、判読不可なものはさすがに推奨されません。

自治体によっても規定があるようですから、念のため確認してみてください。


印鑑にはこだわって

印鑑作成ではどのような印鑑を使うにせよ安全性を高めるためにも、字体にも気を使って殷鑑作成をした方が賢明です。

最も安全性が高いのはいんそう体ですが、作りが独創的で複雑ですから偽造が最も難しい書体です。材質も重要です。

安っぽい印鑑だとせっかく印鑑作成しても、壊れやすく長持ちしないものが多いですから、お金がかかっても良質なもので印鑑作成した方がおすすめです。。