印鑑・はんこ専門の激安通販店 -はんこプレミアム-

★お気に入り
新規会員登録
ログイン
はんこ・実印・印鑑の安い印鑑通販店【はんこプレミアム】
ホーム > 文章カテゴリ > 印鑑の豆知識 > 大切な実印
ご利用方法
ご注文方法
お支払い方法
発送・送料について
返品交換について
特定商取引法
コラム
会社概要
プライバシーポリシー
お問い合わせ
サービス一覧
「特急出荷」サービス
デザイン校正サービス
アタリの埋込みサービス
安心10年保証サービス
印鑑の選びについて
印材について
書体について
サイズについて
旧漢字一覧表

※電話での注文は承りません

月~金 10:00~18:00

昼休み(13:00~14:30)

(土・日・祝日休)

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

FAX専用用紙を印刷頂き、必要事項をご記入の上でFAXをお送りください。FAX:03-4579-0561

▼ 2018年01月 ▼
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カスタマーサポート休業日

印鑑の豆知識


印鑑作成専門店 TOP > 印鑑の豆知識 > > 大切な実印

家の貸し借りや

自動車登録に実印が必要

不動産の売買、賃貸借



 家や土地、マンションなど不動産の購入や賃貸借の手続きを行なう際、売買契約と所有権移転登記において、実印が求められる。売買契約書やローン契約書、所有権移転登記申請書、原因証書の他、実印や売主の印鑑登録証明書が必要になる(家の新築、増改築の登記の場合、実印不要)。また土地や住宅を貸し借りする時も、双方(貸主、借主)と連帯保証人の実印、印鑑証明書が要る。



自動車の売買、譲渡



 マイカーの購入時も実印が欠かせない。中古車を知人に譲ったり、業者を通さず個人で売買するなど移転登録(自動車の所有車変更時に行なう手続きのこと)を申請する際、両方の印鑑証明書と実印が必要となる。更に譲渡証明書も新旧所有者の実印を捺したものを提出しなくてはならない。委任状に関しても旧、新所有者双方の実印の捺印が求められる。



会社設立から遺言まで

様々なシーンに


会社設立



 会社設立で実印が必要な場面は、公証人役場で定款の認証を受ける時など。ここでは公証人役場へ行く発起人全員の実印が必要となる。設立した会社を法人として登記する際には、会社の実印を法務局に印鑑登録しなければならない。



遺産分割



 遺産分割とは相続人が2人以上いる時、遺産を分けて各個人の財産とすること。
その手順は:



1.遺産分割協議書に明記

2. 相続人全員が署名、実印を捺印後、印鑑証明書を添付して各自1通ずつ保管する(但し遺言書がある相続の場合、手続きの中で実印は必要無い)

 



遺言



 遺言は「自筆証書」「公正証書」「秘密証書」の3種類があるが、実印が必要なのは校正証書。これは遺言者が選んだ2名の証人が立ち会いのもと、遺言内容を公証人に口述べし、公証人が筆記、作成するというもの。ここでは遺言者の実印、印鑑証明書が必要となる。

 






▼関連記事はこちら▼

・認印について

・銀行印について