印鑑作成する上での知っておくと良い注意点

★お気に入り
新規会員登録
ログイン
はんこ・実印・印鑑の安い印鑑通販店【はんこプレミアム】

【ゴム印・住所印】メーカーお盆休みのため、19日(月)以後、順次ご対応いたします。予めご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

印鑑通販のはんこプレミアムTOP > 文章カテゴリ > 印鑑の豆知識 > 印鑑作成する上での知っておくと良い注意点とは
ご利用方法
ご注文方法
お支払い方法
発送・送料について
返品交換について
特定商取引法
コラム
会社概要
プライバシーポリシー
お問い合わせ
サービス一覧
「特急出荷」サービス
デザイン校正サービス
アタリの埋込みサービス
安心10年保証サービス
印鑑の選びについて
印材について
書体について
サイズについて
旧漢字一覧表

※電話での注文は承りません

月~金 10:00~18:00

昼休み(13:00~14:30)

(土・日・祝日休)

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

FAX専用用紙を印刷頂き、必要事項をご記入の上でFAXをお送りください。FAX:03-4579-0561

▼ 2019年08月 ▼
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カスタマーサポート休業日

印鑑作成する上での知っておくと良い注意点とは


印鑑作成専門店 TOP > 印鑑の豆知識 >印鑑作成する上での知っておくと良い注意点とは


安い認印をのぞき、人生において印鑑を作ることは何度もありません。いざ印鑑を作ろうとすると、作る場合の常識などを知らないことに気付きます。印鑑を作る時に困らないよう、ここでは印鑑作成における注意点について取り上げてみましょう。


女性と男性が使う印鑑で異なる点

印鑑を作成する時、女性用は男性用より小さめに作るのが一般的です。「女性は男性をたてて控え目に」という昔の日本の考え方が残っていることが理由の一つです。

また一般に、女性は男性よりも小柄な方が多く手も小さいので、細めの印鑑が使いやすく、男性よりも小さなサイズが選ばれてきたともいえます。

ちなみに男性の銀行印は直径で13.5 mm~15.0 mmが一般的で、実印は16.5mm~18.0mm、認印は12.0 mm~13.5 mmが推奨されています。

一方女性の銀行印は12.0 mm~13.5 mm、実印は13.5mm~15.0mm、認印は10.5mm~12.0mmが推奨サイズです。

印鑑の素材はいろいろありますが、見た目の美しさと神秘的な雰囲気から樹脂系の琥珀、水晶やセラミックなどの石系の素材は女性に多く選ばれ、チタンなどの力強く重厚感のある素材が男性に好まれています。

書体についてもさまざまで絶対的な決まりはありませんが、柔らかい印象を与え開運にもつながるとされている印相体は、別名吉相体とも呼ばれ、女性に特に多く使われています。


名前のみで実印を作るとよい理由

通常実印を作成するときはフルネームで作成するのが一般的です。しかし女性の場合は、名前のみで実印を作成する場合もあり、印鑑作成業者によっては名前のみでの作成をすすめられることもあります。

女性は結婚の際に結婚相手の姓に変わる場合がほとんどであるため、結婚後にまた作り直す手間がかかります。

また既婚女性であってもフルネームの実印は「一家を背負って立つ」という意味があることから、フルネームではなく名前のみの実印が縁起がよいとされているのです。

名前だけの実印で印鑑登録ができるか不安になりますが、印鑑登録規定で「住民票に登録されている氏名、氏、名、または氏及び名の一部を組み合わせたものが登録可能」であるため名前だけの印鑑でも登録することができるのです。

しかし、女性の社会進出が進み、第一線で働く女性も多くなり立場的に名前の実印は難しいと思う方も多いでしょう。

女性の場合、フルネームの実印はダメということではないので、ご自身の現状や将来を考慮して自分に適した実印を作ることが大切です。


実印が急に必要になった時の即日発送サービスとは

使用頻度の低い実印や銀行印は大事に保管しているはずですが、肝心な時に出てこないことがあります。

また特に若い方では必要に感じず、持ってないという方も少なくありません。

そのような理由で急に実印が必要になり、手元になくて困った経験をした方も多いはずです。

通常実印などの印鑑を作るのには時間がかかるものですが、印鑑の通販サイトによっては即日発送サービスを行っているところもあり、早急に必要な方にはおすすめです。

ただ注意しなければならないのは締め切りの時間です。「12時迄の注文分まで」といったように通販サイト毎に締め切り時間を設けているので、事前に締め切り時間が何時なのかを確認することが大切です。

また、このサービスは「締め切り時間内の注文分はその日に発送する」というサービスであり、納品日時を約束するものではありません。通販サイトの発送場所と納品場所が遠かった場合などは到着までに日数がかかることもあります。

最短で納品してほしい場合には、即日発送サービスとともに配送料は通常よりかかりますが航空便配送を利用するとたいていの地域は翌日に届きます。一部ですが実店舗での受取が可能であれば最短で当日受け取ることもできます。


銀行印とはどういった印鑑なのか

銀行で口座を開設するときに使用する印鑑が、銀行印です。銀行印は一般的に通常使う認印や実印と区別して用意しますが、法人の印鑑も同様に会社実印とは別に用意するのが一般的です。

銀行は大切お金を預ける場所です。そのため、届け出する銀行印も実印と同様に、偽造複製しにくい書体を選び、大切に管理することをおすすめします。


印鑑を作る場合に必要になってくる知識とは

印鑑は男性の方が女性より直径が大きいのが一般的です。女性の方が男性より手が小さいことが一つに理由です。

印鑑に使われる素材にも男性と女性とで違いがあります。実印では名前だけで作ってもちゃんと印鑑登録できます。

結婚で姓が変わることが多い女性の場合は、作り直す必要がないので合理的です。毎日のように使う認印と異なり、どこかにしまってある実印は紛失しがちです。

またこれまで実印が必要でなかった方も、人生の節目において必要に迫られることがあります。特に急いで作らなければならない時に、印鑑の通販サイトの利用は便利です。

即日発送のサービスを利用すればすぐに実印が手に入るからです。ただ発送条件はよく確認しておく必要があります。