子供のはんこを作る際の基礎知識

★お気に入り
新規会員登録
ログイン
はんこ・実印・印鑑の安い印鑑通販店【はんこプレミアム】
印鑑通販のはんこプレミアムTOP > 文章カテゴリ > 印鑑の豆知識 > 子供のはんこを作る際の基礎知識とは
ご利用方法
ご注文方法
お支払い方法
発送・送料について
返品交換について
特定商取引法
コラム
会社概要
プライバシーポリシー
お問い合わせ
サービス一覧
「特急出荷」サービス
デザイン校正サービス
アタリの埋込みサービス
安心10年保証サービス
印鑑の選びについて
印材について
書体について
サイズについて
旧漢字一覧表

※電話での注文は承りません

月~金 10:00~18:00

昼休み(13:00~14:30)

(土・日・祝日休)

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

FAX専用用紙を印刷頂き、必要事項をご記入の上でFAXをお送りください。FAX:03-4579-0561

▼ 2019年03月 ▼
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カスタマーサポート休業日

子供のはんこを作る際の基礎知識とは


印鑑作成専門店 TOP > 印鑑の豆知識 >子供のはんこを作る際の基礎知識とは


子供のはんこを作ろうと考えている方、「子供用」だからこそ知っておきたいはんこの基礎知識をご存知ですか。性別によっても異なりますし、はんこの種類によっても変わってきます。ぜひこの記事を参考にしていただき、子供に最も適したはんこをお選びください。

銀行口座とはんこを一緒に作成

「はんこ」は成人した時、就職等で独り立ちした時、結婚した時、マイホームを購入した時等人生の節目に作成することが一般的です。

最近では子供が誕生した時に誕生祝いとして祖父母がプレゼントするケースが増えています。

子供用のはんこを作る時には、銀行印を想定して作成するのがおすすめです。素材としては、耐久性に優れたチタン等の金属系はんこや、女の子であればローズクォーツ等のパワーストーン系はんこもよいでしょう。

はんこやケースに子供の生年月日と出生時間を入れる、箱に名前の由来等のメッセージを入れる等さまざまなサービスがあり、より想いを込めることができます。

銀行印を作ると同時に銀行口座も作り記念に子供の出生体重の金額を入れるのもおすすめです。子供の将来のために誕生祝いや毎年のお年玉等を貯金した銀行通帳と、誕生の喜びと無事の成長の願いを込めたはんこを一人前の成人として立派に成長した我が子へ贈りましょう。


フルネームで作成する

はんこを作る際、苗字と名前はどうしたらいいのでしょうか。多くの方がフルネームで作成されています。

その理由として、偽造されにくいことがあげられます。字数が多い方が形が複雑になるためです。

特に子供のはんこの場合、主に銀行印として使いますのでフルネームが安心と考えることが理由です。


女の子用のはんこは下の名前のみで作る

女の子のはんこを作る場合、下の名前だけで作ることをすすめられることが多くあります。 その理由は、将来結婚しても使い続けることができることがあげられます。

また、女の子のはんこは下の名前だけの方が吉相だとする考え方もあります。


耐久性のあるチタン素材で作るのがおすすめ

大人になっても使えるはんこを考えた際、素材選びは重要となります。その中でもチタンがおすすめです。

チタンは耐熱性や耐摩耗性・耐侵食性に優れ、強度も高い素材として知られています。

さらに、金属アレルギーが発症しにくい、肌に優しい金属ということも利点のひとつです。

印鑑は朱肉をつけて押すという用途の問題でどうしても汚れてしまいます。汚れをそのままにすると劣化の原因となりますが、乾燥させて作る木材や象牙のはんこを水洗いすることはできません。しかしチタンであればそのまま水洗いが可能です。


キャラクター素材は避ける

かわいい子供に合わせてキャラクターがプリントされたはんこを作成する方もいます。しかし、長い目で考えた際キャラクターを使ったはんこはあまりおすすめできません。

子供は成長するにつれて好みが変わります。

そのため、せっかく作ったはんこをキャラクターが理由で使いたくないということも考えられるからです。

思いを込めて作ったはんこが将来的に気に入ってもらえないのは非常に残念なことです。何歳になっても使えるシンプルなものを選ぶことをおすすめします。


長く使えるはんこを選ぶ

これから成長する子供のはんこは、何十年も使えるものを意識して作成することをおすすめします。

サイズは、子供だからといって小さいものを選ばず、13mmや15mmといったものが好まれています。

子供が大人になった時に喜ばれるはんこを作りたいなら、当店の専門スタッフにもお気軽にご相談ください。