このページでは認印の印鑑作成について紹介しています。

★お気に入り
新規会員登録
ログイン
はんこ・実印・印鑑の安い印鑑通販店【はんこプレミアム】

印鑑の特急出荷(有料)の締め切りは平日の14時まで。クレジット以外のお支払方法はご利用になれません。★チタン・水晶・手彫り・アタリ付商品が対象外。
★ご注文後自動配信メールが届かなかった場合、必ずカスタマーにご連絡ください。

印鑑通販のはんこプレミアムTOP > 文章カテゴリ > 印鑑の豆知識 > 認印ってなに?印鑑は作成した方がよいの?
ご利用方法
ご注文方法
お支払い方法
発送・送料について
返品交換について
特定商取引法
コラム
会社概要
プライバシーポリシー
お問い合わせ
サービス一覧
「特急出荷」サービス
デザイン校正サービス
アタリの埋込みサービス
安心10年保証サービス
印鑑の選びについて
印材について
書体について
サイズについて
旧漢字一覧表

※電話での注文は承りません

月~金 10:00~18:00

昼休み(13:00~14:30)

(土・日・祝日休)

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

FAX専用用紙を印刷頂き、必要事項をご記入の上でFAXをお送りください。FAX:03-4579-0561

▼ 2020年12月 ▼
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カスタマーサポート休業日

認印ってなに?印鑑は作成した方がよいの?


印鑑作成専門店 TOP > 印鑑の豆知識 >認印ってなに?印鑑は作成した方がよいの?



印鑑作成で認印とは

認印は個人でも印鑑作成される事が多い一般的なはんこです。

宅配便や郵便物を受けた時、回覧板を受け取った時など、様々なシーンで活用されています。

法人でも実印の代わりに利用される事もあります。実印や銀行印とはまた違って利用する範囲はかなり広いのが特徴です。今回は認印についての話題です。


認印の印鑑作成について

認印は個人でも気軽に印鑑作成される方が多く、活用されるシーンも実印や銀行印よりも幅広く、生活の様々なシーンで活用されています。

安価なものは500円から600円くらいで購入できますし、100均やホームセンターでも扱っていますから、安く印鑑作成する事も簡単にできます。

個人で印鑑作成される場合はお名前で彫刻されるのが一般的ですから、手軽といっても個人を察知されないための慎重さは必要です。

100均やホームセンターで扱っている印鑑は大量生産で作成されたものですから、大きさは一律ですが細かい事を言えば男性用jは10,5mmから13mm程度の丸印、女性はそれよりはもう少し小さめに印鑑作成されるのが一般的です。


認印作成時の注意点

認印は日常生活で活用するシーンが多く、個人、法人関係なくだれでも手軽に印監作成できるいわば簡易印鑑ですから、耐久性に優れたものである必要があります。

宅配便や郵便物の受け取りをサインですませるケースが一般的になってきていますが、まだまだ認印の印鑑作成に棄てがたい魅力と共に印鑑でなければ対応できないシーンも多々ございます。

一時しのぎで100均やホームセンターなどで、大量生産された認印を安く買い求める事もできますが、個人情報保護がうるさく言われている今日だからこそ、自分の顔ともなる認印は信頼できるところで印鑑作成するのが、賢明かと存じます。


認印にオススメの材質

100均やホームセンターなどでよく見かける、回転式棚に収納されている認印はいわゆる三文判ですから、安価な樹脂材が利用されています。

捺印性はやはり樹脂材の悲しいところで安定しないので、1~2回やり直した経験をお持ちなのではないでしょうか。

大切な契約書に捺印する時に印字面が不明瞭だと機械がきちんと読み取ってくれませんから、何度でも作成しなおすはめになってしまいます。

そうしたトラブルを避けるためにもおすすめの素材は、アグニです。合成木材で作られていますが強度はかなり強いですし、比較的安価で購入できます。 。


銀行印や実印を認印で代用しない方がいい理由

銀行印はお金の引き出しや入金の際に、名義人の判定をするために利用される印鑑ですから、通帳と印鑑が常に一致している必要があります。

それゆえ印鑑登録をするのですが、シャチハタのような三文判である、認印で代用するケースを時時見受けられます。

一律機械彫りで印鑑作成された認印を使う事は偽装される危険があるゆえに、おすすめできません。実印も同様です。


認印を通販で購入するメリット

ネットは人件費が発生しない分店舗よりも若干安くなっていますし、時時ユーザー向けの感謝セールをしている事もあって、お得感を一番体験できるツールでもあります。

印鑑作成はお金がかかると感じているなら、なおの事ネットはおすすめです。


認印は銀行印や実印とは悦に印鑑作成

認印の印鑑作成は銀行印や実印よりも使う用途が幅広く、手軽に作れます。

セキュリティ強化という意味で銀行印や実印とは別に印鑑作成した方が無難です。

使う頻度が高い分長く使えるために、耐久性のある材質で作るのがおすすめです。オススメの印材としてはコスパも考えて合板材ですがアグニです。さらに機械彫りではなく職人が手彫りした印鑑は、偽造を防ぎ個性が光る印鑑として完成度の高い仕上がりになっています。





▼関連記事はこちら▼

・認印について

・銀行印について