印鑑・はんこ専門の激安通販店 -はんこプレミアム-

★お気に入り
新規会員登録
ログイン
はんこ・実印・印鑑の安い印鑑通販店【はんこプレミアム】
ご利用方法
ご注文方法
お支払い方法
発送・送料について
商品の梱包について
返品交換について
特定商取引法
コラム
会社概要
プライバシーポリシー
お問い合わせ
サービス一覧
「特急出荷」サービス
デザイン校正サービス
アタリの埋込みサービス
安心10年保証サービス
印鑑の選びについて
印材について
書体について
サイズについて
旧漢字一覧表

※電話での注文は承りません

月~金 10:00~18:00

昼休み(13:00~14:30)

(土・日・祝日休)

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

FAX専用用紙を印刷頂き、必要事項をご記入の上でFAXをお送りください。FAX:03-4579-0561

▼ 2017年04月 ▼
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カスタマーサポート休業日

訂正印と印鑑購入について

Column


印鑑作成専門店 TOP > コラム > 訂正印と印鑑購入について

訂正印と印鑑購入について

訂正印が必要なタイミングとは



訂正印とは、職場で書類等に誤字があったり修正をしたりする場合に押すための必要な印鑑です。しっかりと押すことで修正した内容が勝手に書き換えられたものではないという証明になります。しかし、訂正印はどの書類に押しても問題はないのでしょうか。実際にはどこにでも使用することができますが、使用してもいいシーンと使用しない方がいいシーンに分けられているので、ここでは押すタイミングについて紹介します。



まず金銭を扱う領収書、伝票などの書類に関してですが、こうしたシーンでは書き損じたら再発行をするのが基本です。例えば金額を書き間違えたなら新たに発行して書き換えた方がいいですし、金銭以外にも日時も重要になるので、もし間違えてしまったら再発行した方がいいでしょう。基本的に金銭のやり取りがある書類に関してはできる限り慎重に行わなくてはなりませんが、なぜ、訂正印を押さない方がいいのかというと、万が一修正箇所があれば改ざんなどの疑いが生まれてしまい、面倒なことになる可能性もあります。



疑いがかけられるだけでも取引先などからの信頼がなくなってしまう可能性もあります。やむを得ない理由で再発行できない場合以外はなるべく再発行をした方が安心です。続いて履歴書やエントリーシートなどですが、近年ではパソコンで行うところも多くなっていますが、まだまだ手書きで行っているところも多いです。



履歴書やエントリーシートに関しても、万が一間違えた場合には訂正印を押しても間違いではありません。しかし、印象的な問題であまりにも訂正を加えすぎてしまうと、この人は丁寧に書類を書くことができないのかと思われてしまう可能性もあります。実際に履歴書やエントリーシートは再発行がしやすいものとなるので、なるべく間違えた場合には再発行をして書き直すといいでしょう。



このように、大事な書類に関してはなるべく再発行をして書き直すのが基本です。しかし、社内だけの書類や、確定申告、年末調整などこういった用紙は記入箇所もたくさんあるので、訂正印を使用しても問題はありません。実際にこれらは就職や入学など印象の面も考えなくていいので使用しても問題はありません。このように、使用してもいいシーンとできる限り使用しないシーンはあるので、知らない人はあらかじめ調べておくと安心です。






訂正印の押し方




書類でミスがある場合には訂正印を押すのが一般的ですが、実際に押そうと思ってもどのように使用したらいいのか分からない人もいるでしょう。実際に厳密なルールというものは存在していませんが、一般的な押し方は存在しているので、初めて利用する方のためにも押し方について紹介します。



まず文字を削除する場合の押し方ですが、基本的な押し方としては間違った箇所に2重線を引き、訂正をした箇所に印鑑を押すのが一般的です。中には間違った文字を塗りつぶして印鑑を押す人がいますが、どこを修正したのか分かりづらいため、なるべく2重線で訂正をした方がいいでしょう。続いて文字を訂正する場合ですが、こちらも間違った箇所に2重線を引くのが一般的です。その後横書きなら上部、縦書きなら右に正しい単語を書くのが一般的です。



続いて文字を付け加えるときの修正ですが、追加したい場合は追加したい箇所の上部にくの字を書き、そこの中に文字を書きます。文字を追加したら追加した文字の横に印鑑を押すのが一般的です。このように、ここでは訂正印の押し方について説明をしましたが、ここで説明した内容が一般的な方法になるので、特にどのように押したらいいのか分からないという場合には、事前にどのように押すのか調べてから押すとさらなるミスにつながることはないでしょう。




訂正印を押すための印鑑を通販で購入しよう




訂正印に使用する印鑑は専用のものを購入する人もいれば認め印を使用する人もいます。どちらにしても印鑑を購入しなければならないですが、実印や銀行印に比べるとそれほど重要なものではないので、なるべく安く購入したいと思っている方もいるのではないでしょうか。



こういった場合には通販の利用を検討するといいでしょう。通販では実店舗に取りそろえていないような種類が豊富にそろえられているところも存在します。実印に使用されるような丈夫な素材から、訂正印として使用することができるリーズナブルな印鑑まで取りそろえられているので、特になるべく安く購入をしたい人は通販の利用を検討するといいでしょう。



また、手間がかからないタイプを購入したいと思っているならシャチハタの購入を検討するといいでしょう。訂正印としてシャチハタが認められないことが多いですが、例えば会社や学校の書類の場合は、訂正印はシャチハタが認められているものも中にはあります。朱肉を付ける手間も省けるので、効率よく書類を訂正したいという場合にはシャチハタの購入を検討するといいでしょう。