印鑑・はんこ専門の激安通販店 -はんこプレミアム-

★お気に入り
新規会員登録
ログイン
はんこ・実印・印鑑の安い印鑑通販店【はんこプレミアム】
GW休業のお知らせ
ご利用方法
ご注文方法
お支払い方法
発送・送料について
商品の梱包について
返品交換について
特定商取引法
コラム
会社概要
プライバシーポリシー
お問い合わせ
サービス一覧
「特急出荷」サービス
デザイン校正サービス
アタリの埋込みサービス
安心10年保証サービス
印鑑の選びについて
印材について
書体について
サイズについて
旧漢字一覧表

※電話での注文は承りません

月~金 10:00~18:00

昼休み(13:00~14:30)

(土・日・祝日休)

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

FAX専用用紙を印刷頂き、必要事項をご記入の上でFAXをお送りください。FAX:03-4579-0561

▼ 2017年04月 ▼
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カスタマーサポート休業日

角印の定義と利用されるタイミングはどんなとき?

Column


印鑑作成専門店 TOP > コラム > 角印の定義と利用されるタイミングはどんなとき?

角印の定義と利用されるタイミングはどんなとき?

角印の定義とは?



企業のマークとして利用される事も多い角印。その名の通り、四角く角ばっている印鑑の事を指しますが、名前印として利用される事はあまりなく、基本的には企業用として利用される事が多いでしょう。



会社名が彫刻されており、書類の隅などに押して企業から発行されている印刷物であるという証明を行う事が出来ます。



また企業のみでは無く、学校などを初め団体用としてこちらが利用される事がほとんどでしょう。定義として、企業や団体の証明印、認め印として用いられる四角いはんこという事が言えます。



このように角印は、家庭用としてでは無く団体用として利用される事がほとんどでしょう。企業によってサイズは異なりますが、大体2~3センチ前後の正方形をしたタイプが多く、オーダーの際にもそのくらいのサイズで承っている事がほとんどです。



また四角の枠内全体に文字が入るように、之印、印という字を内部に盛り込むことが多いでしょう。丸い印鑑に比べると非常に安定して押しやすいことが特徴で、持ちやすい事でも知られています。



はんこ自体は、特に届け出などは必要なく、企業で利用されていれば問題ありません。あくまで企業内部で証明出来れば問題ありませんので、企業によっては途中で印鑑を変えることもあるでしょう。



もちろんコロコロと変わってしまっては問題が出てくることもありますので、頻繁に変わることはありません。



同じデザインの印鑑を再度依頼することが出来る場合も有りますので、万が一紛失をした場合や破損した場合は、再度同じ物を注文するという方も多いでしょう。



また、請求書や領収書などに、会社の印として押すことが出来る印鑑ですので、決められた方しか押すことが出来ない事も特徴です。



角印をどんな時に使われる?


角印はこのように、企業や団体が発行した書類であることを証明するために利用されます。例えば、このような書類に利用される事が多いでしょう。



まずは請求書、見積書、領収書等の重要書類です。会社から発行された請求書をクライアントに送る際には必ず、企業の印としてはんこが押されている事が多いでしょう。はんこが押されていないと、偽造の書類だとしても判別が難しいためです。



クライアントの安全を守るためにも必要なはんことして、必ず重要書類には押されています。偽造防止策としてこうしたはんこを利用する事もあれば、単純にどこの企業から届いた書類なのかを明確にするために、用いられていると言えるでしょう。



次に、会議用書類、プレゼン用書類など、社内の人間に向けて作られている書類が挙げられます。これも社内秘として重要とされている書類が多く、すぐに会社の書類だとわかるように、識別用としてはんこが利用されている事が多いでしょう。



こちらはあくまで内部の人間用の書類ですので押されていないこともありますが、重要な書類に関しては印鑑が押されていることも少なくありません。



これだけ重要な書類の認め印として利用される事が多いため、あまり多くの人が利用するという訳にはいきません。限られた人間、限られた役職の方しか所持をしておらず、必用な場合は申請をしにいく必要があるでしょう。



それだけ重要な印鑑になりますので、そう簡単には押してもらうことが出来ません。必ず印鑑を持つ役職者などに、どのような書類か申請をし、許可をもらう必要があるでしょう。





角印を注文する方法



角印は企業にとって無くてはならない存在、最低でも1つは入手しておかないといけない物です。ですが、通常の印鑑ショップでは、名前印のように販売されていませんので、印鑑作成企業に製造依頼をする必要があるでしょう。例えば、このような流れで依頼をしていきます。



まずは、企業選びをしたら角印のデザインを行って行きます。特に希望が無いという場合は、企業名を伝えれば、製造会社によっては名前を元に綺麗にデザインをしてくれるでしょう。



企業名だけでは収まりが悪い場合は、印や之印など、上手く文字を入れて調整してもらうことが出来ます。余計な空白があると見た目が悪いため、上手く字のサイズや書体を調節していき、バランスの取れた印鑑を作成してくれるでしょう。



印鑑の字体の他にも、形やアタリをつけるかどうかなど、いくつか選択をしないといけませんので、製造会社とよく確認すると良いでしょう。



印鑑のデザインが出来たら実際に作成してもらい、作成完了後、お支払いという形になります。依頼の際に前払いをするタイプの製造会社もありますので、支払いタイミングを確認しておきましょう。



支払い完了後納品、晴れてその日から角印として利用が可能です。特に国への届け出などは必要ありませんので、押したい書類があればすぐに押しても大丈夫です。



このように、意外と簡単に角印は作成することが可能です。自分でデザインをしたければ、もちろん企業に伝える事が出来ますので、その旨を相談しましょう。基本的には一本あれば事足りますが、予備でもう一本用意しているという企業も多いため、本数も相談をしてみると良いでしょう。