印鑑・はんこ専門の激安通販店 -はんこプレミアム-

★お気に入り
新規会員登録
ログイン
はんこ・実印・印鑑の安い印鑑通販店【はんこプレミアム】
GW休業のお知らせ
ご利用方法
ご注文方法
お支払い方法
発送・送料について
商品の梱包について
返品交換について
特定商取引法
コラム
会社概要
プライバシーポリシー
お問い合わせ
サービス一覧
「特急出荷」サービス
デザイン校正サービス
アタリの埋込みサービス
安心10年保証サービス
印鑑の選びについて
印材について
書体について
サイズについて
旧漢字一覧表

※電話での注文は承りません

月~金 10:00~18:00

昼休み(13:00~14:30)

(土・日・祝日休)

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

FAX専用用紙を印刷頂き、必要事項をご記入の上でFAXをお送りください。FAX:03-4579-0561

▼ 2017年04月 ▼
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カスタマーサポート休業日

目的別にはんこの原料を知ることが重要なポイント

Column


印鑑作成専門店 TOP > コラム > 目的別にはんこの原料を知ることが重要なポイント

目的別にはんこの原料を知ることが重要なポイント

実印におすすめである原料とは



はんこの中でも最も重要な働きをするのが実印です。公正文書の作成や遺産相続、自動車を購入する際など、人生のなかでも節目ごとに大切な役割を果たしていることでしょう。では、大事な実印にはどんな原料から作られているものが適しているのでしょうか。




人生のパートナーともなるべき実印は、高熱や湿気によるひび割れや摩耗などがなく、錆びないような強い材質から作られているものがおすすめです。そのような一生使えるはんこが存在しているのか、と疑問に思われる方もいるのではないでしょうか。




実は一生ものとなるようなものが、近代の技術の発展により発明されているのです。それは、チタン製のはんこです。チタンは、金属のなかでも大変強い材質であり、耐久性にも優れていますので、木や動物の角・牙から作られるものよりも長い期間にわたって使用ができます。




また、熱や水にも強いので、万が一災害があったときなどにも安心して持つことができます。さらにチタンは、心臓のペースメーカーや歯のインプラントなどにも使われるなど身体にも優しい材質です。そのため、金属アレルギーの方でも安心して使用することができるのです。




金属なので、手に馴染まないかを心配に思われる方もいるでしょう。しかし、チタン製のはんこは重さも丁度良い具合で、何度押しても疲れないという長所があります。長く愛用をするには特におすすめです。また、朱肉がつきやすいのできれいにはんこを押すのが苦手という方でも簡単に綺麗に押印すことができます。




このようにあなたの人生に長く寄り添っていく実印は、耐久性があり、身体にも優しく、軽くて使いやすいチタン製が特におすすめです。



銀行印におすすめである原料とは



金融機関で口座を開設するときや、普通預金を出し入れ、そして新たに定期預金の口座をつくるときに必要なのが銀行印です。実印の次に大事なはんこですので、銀行ごとに分けて銀行印の種類を作っておくことが理想です。




最近では、貯蓄用・教育費用・投資用・普段の生活費用など目的別に複数の銀行の口座を作り、お金を効率的に貯める方法が少しずつ定着してきています。




そのため、最低でも3つの銀行口座を持っているという方も少なくありません。この場合、最低でも3つの銀行印を準備する必要があると考えると、なるべくならお手軽な値段で購入でき、なおかつ耐久性があるものが求められてきます。




このような条件にぴったりと合うのが、アグニと呼ばれている合成印材です。これは、天然の樹木と樹皮を高圧処理した合板をもとに作られたはんこで、限りある資源を有効に活用するために生み出された、まさに現代のニーズにあった商品です。




合成印材とはいえども、その強度は天然の樹木より強くひび割れしにくい特徴を持ち、耐久性があります。さらに、色味もおしゃれな赤系のものから、シックで落ち着きのある茶系のものなど種類が豊富ですので、一つ一つの銀行に合わせて合成印材の色を選ぶことができます。




このように、目的別に振り分けた銀行の種類に合わせて色味を選べる長所を持ち、価格もお手頃に入手できるアグニは、銀行印に最も適したはんこといえます。





認め印におすすめである原料とは



認印とは、実印や銀行印より大事な場面では使われませんが、日常生活で最も頻度が高く使われるはんこです。郵便物の受け取りや、事務作業での出勤簿や書類など、頻繁に活用するアイテムだからこそ、自分の気に入った材質のものを選びたいものです。




認印におすすめなのが、牛の角や象の牙が原料となる天然素材のはんこです。黒牛や水牛の角を原料につくるものは、牛の種類により色合いが異なるため、見た目の美しさや実際に押印したときの質感から多くの人から人気を得ています。黒水牛は独特の黒光りした見た目が高級感を醸し出し、オランダ水牛は色の加工処理を一切していない茶系や白系のオリジナリティーある色味が特徴です。




はんこの真ん中に点のようなものがある、と思われがちですが、これは「芯持ち」と呼ばれ、牛の角の中心部分である芯になります。牛の角は、この芯こそが高級品とされており、ひび割れしないという耐久性があります。しかし、牛の角はたんぱく質でできているため水気に弱いのも特徴です。保管には十分に水気に注意することが大事です。




象牙は、その落ち着いた色合いと質量感が年齢や性別を超えて人々を魅了させている商品です。1989年のワシントン条約の締結により象牙の供給は減少したため、現在市場に出回っている象牙は大変貴重なものであることから、象牙は高級かつ上品な雰囲気があります。また、象牙には繊維があるため加工しやすいという特徴があるので、その押印のしやすさが人気に拍車をかけています。




このように、日常生活で人目に触れる回数の多い認印には、おしゃれで高級感があって美しい特徴を持つ牛の角や象牙がおすすめです。