印鑑・はんこ専門の激安通販店 -はんこプレミアム-

★お気に入り
新規会員登録
ログイン
はんこ・実印・印鑑の安い印鑑通販店【はんこプレミアム】
ご利用方法
ご注文方法
お支払い方法
発送・送料について
商品の梱包について
返品交換について
特定商取引法
コラム
会社概要
プライバシーポリシー
お問い合わせ
サービス一覧
「特急出荷」サービス
デザイン校正サービス
アタリの埋込みサービス
安心10年保証サービス
印鑑の選びについて
印材について
書体について
サイズについて
旧漢字一覧表

※電話での注文は承りません

月~金 10:00~18:00

昼休み(13:00~14:30)

(土・日・祝日休)

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

FAX専用用紙を印刷頂き、必要事項をご記入の上でFAXをお送りください。FAX:03-4579-0561

▼ 2017年04月 ▼
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カスタマーサポート休業日

朱肉についての豆知識や印鑑について

Column


印鑑作成専門店 TOP > コラム > 朱肉についての豆知識や印鑑について

朱肉についての豆知識や印鑑について

朱肉が朱い理由について



印鑑をきれいに捺印するためには印鑑の素材の良さは重要になりますが、朱肉によってもきれいに捺印できるかどうかは異なります。その為、選ぶときには印鑑の素材だけではなく、朱肉にもこだわる人が増えていると言われています。しかし、使用しているとなぜ朱いのか気になる方も多いのではないでしょうか。ここでは疑問を抱えている人たちのためにもなぜ朱いのか理由についてを説明します。



基本的には赤色をしている朱肉ですが、かつて血判状のように大事な証書に自らの血液で指紋を押すという行為が行われていました。こういったことが原因で疑似的な血液とも言われている朱色が使用されるようになっています。しかし、昔は誰もが朱色を使用しているというわけではなく、特に江戸時代では武士は朱色を使用していましたが、庶民は黒色の印鑑を押すというのが一般的でした。どこの段階で全ての人が朱色になったかは定かではありませんが、現在では大切な印鑑を押すときは朱色で押すのが一般的です。



また、朱肉の赤色は縁起がいい、または魔除けからきていることもあり、神社の鳥居もそれと同じように朱色が使用されていると言われています。では、続いてどんな素材を使用して朱色にしているのか気になる方もいるでしょう。現在は含まれる成分も異なってきましたが、以前に基本的に使用されていた成分は硫化水銀などです。具体的に説明をすると、硫化水銀を昇華させたものに希釈したアルカリを加えて植物や和紙に繊維を染み込ませて松脂などを入れて練り固めて作られていたものが朱色の朱肉です。このように、朱肉について説明をしましたが、特になぜ朱いのか気になる方や、どうやって作られているのかなど疑問を持っている方はここで説明した内容を参考にするといいでしょう。





朱肉の選び方について



朱肉は綺麗に捺印するためには必要不可欠となるアイテムで、種類も異なるので、綺麗に捺印するためには選び方にもこだわらなければなりません。種類も大きく分けると2つ存在しています。それぞれ長所は異なるので、ここでは具体的に選び方についての説明を行います。まず1つ目は練りタイプです。特徴としては深い色合いと重圧感があることです。高級感のある印影をつけることができるので魅力的です。また、変色などがしにくいのも特徴です。



例えば印鑑は押してから数時間経つと色が変わってしまうこともあります。これは印鑑が悪いと思っている方もいるかと思いますが、実際には朱肉が原因で変色が起こっています。練りタイプは変色がしにくいので、いつまでもキレイな印影を残すことが可能です。また、滲みにくいので、押すときに苦労することはありません。滲んでしまうと書類を書きなおしたりしなければならなくなるので面倒です。なるべくにじまないように押したいと思っている方が多いですが、こういった場合には滲みに強い練りタイプを使用するといいでしょう。



続いて2つ目はスポンジタイプですが、これは化学インクとも呼ばれており、長所としては手入れがしやすいことが挙げられます。インクは基本的に速乾性があり、数分で固まってしまいます。特に印面に着いた状態で放置をすると手入れに手間がかかりますが、スポンジタイプなら印面にインクが残りにくく、メンテナンス性に優れています。手入れに手間がかからないというのは魅力的です。このように2つのタイプがありますが、どちらを選んだらいいのかは用途に合わせて選択するようにするといいでしょう。例えば実務的な性能を優先するならスポンジタイプを選ぶといいと言われています。



また、絵画や書道など、大切な作品に落款として押印するなら練りタイプの方が向いていると言われています。用途によって選び方は異なるので、どれを選ぶかはじっくりと考えてから決めるといいでしょう。




印鑑を通販で購入する時に考えたいこと



このサイトでは朱肉について話してきましたが、朱肉以外にも印鑑の購入は大切です。印鑑は長く使用するものなので、こだわる必要があります。ここではこれから購入を考えている方のためにも購入の際に考えたいことについて話します。まず1つ目は通販か実店舗かを考えましょう。印鑑の購入は実店舗での購入が当たり前と思っている方もいるかと思いますが、近年では通販でも様々な素材があり、実店舗にはなかなか置いていないような印鑑もあります。



種類も揃っているので、自分の好きな印鑑を妥協せずに選びたいと思っている方は通販を選ぶようにするといいでしょう。また、2つ目に選ぶときになるべく手間をかけたくないという人はセットで販売している印鑑を購入するといいでしょう、例えば実印や銀行印をセットで販売しているところもありますし、法人用の印鑑もセットで販売しているところがあります。セットで購入すれば必要な印鑑を全て揃えることができるので、特に手間をかけたくない人はセットで販売されているものを選ぶといいでしょう。