印鑑・はんこ専門の激安通販店 -はんこプレミアム-

★お気に入り
新規会員登録
ログイン
はんこ・実印・印鑑の安い印鑑通販店【はんこプレミアム】
ご利用方法
ご注文方法
お支払い方法
発送・送料について
商品の梱包について
返品交換について
特定商取引法
コラム
会社概要
プライバシーポリシー
お問い合わせ
サービス一覧
「特急出荷」サービス
デザイン校正サービス
アタリの埋込みサービス
安心10年保証サービス
印鑑の選びについて
印材について
書体について
サイズについて
旧漢字一覧表

※電話での注文は承りません

月~金 10:00~18:00

昼休み(13:00~14:30)

(土・日・祝日休)

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

FAX専用用紙を印刷頂き、必要事項をご記入の上でFAXをお送りください。FAX:03-4579-0561

▼ 2017年04月 ▼
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カスタマーサポート休業日

意外と知らない印鑑のあれこれ、印鑑の押し方や捨て印とは?

Column


印鑑作成専門店 TOP > コラム > 意外と知らない印鑑のあれこれ、印鑑の押し方や捨て印とは?

意外と知らない印鑑のあれこれ、印鑑の押し方や捨て印とは?

印鑑の種類といつから必要なのか



よく耳にする種類は、実印、銀行印、認印、三文判、訂正印といったところでしょうか。日本はまだはんこ社会ですので、大事な書類を作成するときや、お金に関する書類には必ず捺印という印鑑を押すことが必要です。印鑑が一般庶民に浸透したのは明治時代に入ってからのことですが、古くは平安時代の貴族が使用していました。学生時代は市販の三文判でも十分事足りますが、社会人ともなるときちんとしたものを持つのが常識になっています。



社会人になったとき、持った方がいいと勧められるものは、実印、銀行印、認印の3種類です。この3種類があれば、どんな場面でも使うことができます。実印は、自分の戸籍上の姓名を彫刻し、印鑑登録をして受理されたものでなければ認められません。実印は、公正証書の作成や、金銭の貸借証書、契約書、遺産相続、保険金の受け取りなど、大切な場面で使われます。そのため、簡単に偽造される市販のものを使わず、必ずオーダーメイドにしましょう。



銀行印は銀行の口座を開設する際に必要な印鑑です。銀行印さえあれば、通帳からお金を引き出すことができます。銀行印は認印で代用できますが、お金の出し入れができるものなので、オーダーメイドで作り大切に保管することをおすすめします。そして、認印は日常生活の中でサインの代用として捺印するものです。一番利用する頻度が高く、街中の販売店でも売られています。



これら3種類の印鑑の作りに明確な違いはなく、全て同じものにすることもできます。しかし、持ち歩いて盗難や紛失に遭い、大きなトラブルに巻き込まれる危険性があります。そのため、防犯上の問題から、ほとんどの方は、3つの印鑑に分けて持ち歩かず管理しています。また、社会人は全てはんこの世界になりますので、実印や銀行印が必要になります。給与の振込み口座を開設したり、公的文書の作成、車のローンを組んだりするときなども印鑑が必要になる場合が多いです。



三文判とは、機械で大量生産された印鑑のことで、安価な金額で手に入れることができるものです。使っている途中で字が欠けたりすることがあり、長く使えない場合もあります。同じ安価なもので、ゴム製のものをネーム印といいます。訂正印とは、書類や契約書で誤った記述や単語を直す際に使うものです。誰が修正を加えたかという証明になるもので、実印を使って訂正することが多いですが、6ミリ程度の小さな印も使われています。





正しい押し方と捨て印



印鑑の正しい押し方は、実際に押すときにはあまり意識されていないと思います。しかし、正しい押し方をすれば、きれいに捺印することができるのです。正しい押し方をすれば、かすれてしまったり、朱肉がつきすぎたりなどの失敗がなくなります。



その一つ目のポイントは、捺印前にはんこの状態を確認することです。印面が欠けていないか、朱肉が詰まっていないか、もし詰まっていたらブラシなどで落としてから使用します。また、朱肉をいっぱいつける方がいますが、かえって不鮮明になって文字が滲んでしまうこともあります。朱肉は適度な量をつければ十分なので、軽くポンポンと軽く叩いてつけるようにしましょう。



二つ目のポイントは、捺印マットを使用することです。マットを利用するときれいに押すことができます。マットがない場合は、マットの代わりになるクッションを敷いて押すと良いでしょう。



三つ目のポイントは、押し方です。力を入れすぎないように、のの字を書くような感覚で押すときれいに捺印できます。そして、使い終わった後は、次に使うときのために、きれいに朱肉をふき取ることです。このように、意外と知らないのが正しい押し方のコツです。



捨て印についてですが、捨て印は契約書や委任状、申込書などに使われ、相手方の内容の修正を認めますという、意思表示のために捺印されます。正式な文書では、訂正箇所に訂正印を押さなければなりません。しかし、訂正のたびに訂正印を押すのはわずらわしい作業になります。そこで、捨て印を押すことで、些細な訂正であればいちいち印を押さなくても構わないという承認の意思表示が捨て印なのです。





印鑑専門の通販サイトは価格の安さに注目

 

はんこは、真っ黒や真っ白な地味なイメージがありますが、現在では和風なデザインやかわいいデザインなど個性的なデザインのはんこが販売されています。まさにはんこも個性の時代です。さらに、風水の要素を取り入れたはんこも出てきています。風水は運気をアップさせると人気ですが、柄の部分に運勢の良い石を使ったものもあります。好きなイラストやアニメのキャラクターを使ったオリジナルの印鑑を作るなど、楽しんではんこを作るのがトレンドです。



そんな楽しいはんこを作りたい方におすすめなのが、印鑑専門の通販サイトです。通販サイトであれば実店舗を持つ経費や宣伝広告費が節約できるので、その分販売するはんこの価格が安くできます。あまりの安さに品質が悪いのではと疑う方もいらっしゃいますが、今ではそのような詐欺まがいのサイトは淘汰されています。インターネットの世界でも、誰もが安心できる商品を購入できる時代になっています。



通販サイトは、自宅のパソコンからお好きなデザインや印字などを簡単に選ぶことができます。通販サイトには、印字や素材、デザインなどの種類が豊富にそろっており、直接店舗に行って選ぶよりも、時間を大幅に節約することもできます。一定額以上購入すると、発送料無料のサービスを行っているサイトもありますので、安くて質の良い個性的なはんこを通販サイトで探してみてはいかがですか。