印鑑・はんこ専門の激安通販店 -はんこプレミアム-

★お気に入り
新規会員登録
ログイン
はんこ・実印・印鑑の安い印鑑通販店【はんこプレミアム】
GW休業のお知らせ
ご利用方法
ご注文方法
お支払い方法
発送・送料について
商品の梱包について
返品交換について
特定商取引法
コラム
会社概要
プライバシーポリシー
お問い合わせ
サービス一覧
「特急出荷」サービス
デザイン校正サービス
アタリの埋込みサービス
安心10年保証サービス
印鑑の選びについて
印材について
書体について
サイズについて
旧漢字一覧表

※電話での注文は承りません

月~金 10:00~18:00

昼休み(13:00~14:30)

(土・日・祝日休)

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

FAX専用用紙を印刷頂き、必要事項をご記入の上でFAXをお送りください。FAX:03-4579-0561

▼ 2017年04月 ▼
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カスタマーサポート休業日

実は同じである企業で見る丸印と角印の大きな勘違い

Column


印鑑作成専門店 TOP > コラム > 実は同じである企業で見る丸印と角印の大きな勘違い

実は同じである企業で見る丸印と角印の大きな勘違い

企業でも行うことになる実印登録



印鑑というものは、いろいろなかたちのものが存在します。企業で使うものもありますし、個人で使うものもありますが、それぞれに意味があるものです。ですが、その意味を決めるものがあることも知らなければいけません。そのままでは、どの印鑑もすべて同じものだからです。



企業で使う印鑑として、丸印と角印があります。どちらを使うべきなのか、社内で論争になることもあるでしょう。ここで問題になるのは、かたちが違うことに何の意味があるのかということです。言葉の意味が異なりますが、同じ印鑑であることには違いがありません。ですが、企業の成り立ちによっては、この二つの効果ははっきりと異なるものになるからこそ、どちらがいいのかということになってきます。



企業は設立する際に、印鑑を登録していかなければいけません。これがとても重要な意味を持ちます。丸印と角印の話の根幹部分でもありますが、登録をするということを考えなければいけないでしょう。実印登録になりますが、これは個人と同じことです。ただし、個人とは異なり企業は法務局に登録することになります。



登録するということは、他にはないものであるということを証明することができるということです。実印として使うことになるため、複製されてしまっては困るものであるということを忘れてはいけません。だからこそ、乱用したりすることを防がなければならず、どこに何を使うのかという話になってきます。危険性ということを考えれば、使わないことが一番であるということが重要です。




実印を知られる複製の危険性



危険性とは何かということを理解しなければいけません。複製されるということは、知られてしまうからこそ起きることです。悪用されるということは、悪意を持って使うことを意味しますが、これもだれかの手に渡したりすることがなければ行われません。



ところが、複製されてしまえば、自由に使われてしまうことになるでしょう。知られなければ、複製はされることがありません。だからこそ、使わないことが一番安全であるといえます。



会社の印鑑である証明ができるということは、使ったということに責任が発生します。ただし、印鑑証明書を添付した時に最大限発揮されるということになるでしょう。それでも、会社の名前が入っていたりするのですから、実印でなくても一定の問題を生じる可能性は否定ができません。



では、知られないとは何かということです。実印として使うことは、必ず出てきます。登記をするときには使うことになるのですから、ここからスタートです。ですが、必要以上に使うことを避ければ、複製しようと悪意を持っている人間に知られる可能性を下げることができます。どんな手彫りであっても、コンピューターの力を使い複製しようと思えば、できないということは保証できません。つまり、丸印であれ角印であれ、実印登録したものは、必要以外に使わないということが危険を回避するためには重要なことです。




企業を守るために



ここで問題になるのは、大きな勘違いがあるということでしょう。企業にとっての実印は、すべて丸印であると考えているところです。実際に規定として考えた場合、丸でなければいけないということはどこにもありません。



1辺の長さが1cm以上で3cm以内の正方形に収まるものであるということが条件です。つまり、どこにも丸印でなければいけないということは規定されていません。慣例として使われているだけであり、決まりではないということです。



二重丸で内側の縁に何かを入れなければいけないといったこともありません。実際に角印を実印登録している企業も多数存在します。さらに言えば、実印登録されていないものは、どんなかたちであろうとも同じ印鑑でしかありません。効力に違いなどないということです。



印鑑証明書を提出して、初めてその印影が実印であると証明できる以上、かたちが何であっても、実印以外の物はすべて同じといえるでしょう。ただし、使い方として考えるのであれば、実印のほうが立証はしやすくなります。ここからわかることは、契約書だから丸印、領収書だから角印といった使い方は、そもそも間違いであるということです。



実印は、できるだけ人の目に触れないようにするべきものですので、よほど必要な契約などでなければ使うべきではありません。請求書や見積もりなど、頻繁にやり取りするものに使うというのは、自ら複製してくださいという危険を高める行為です。だからこそ、社印として角印を作り使ったりすることが多いということになります。



実際に小さなところでは、リスクを無視して、実印のみで運営しているところも少なくありません。使い方を考えるということは、自社を守るための方法ですので、丸印や角印といったかたちで考えるのではなく、リスクがどこにあるのかということを明確にして使っていくことが必要です。