印鑑・はんこ専門の激安通販店 -はんこプレミアム-

★お気に入り
新規会員登録
ログイン
はんこ・実印・印鑑の安い印鑑通販店【はんこプレミアム】
ご利用方法
ご注文方法
お支払い方法
発送・送料について
商品の梱包について
返品交換について
特定商取引法
コラム
会社概要
プライバシーポリシー
お問い合わせ
サービス一覧
「特急出荷」サービス
デザイン校正サービス
アタリの埋込みサービス
安心10年保証サービス
印鑑の選びについて
印材について
書体について
サイズについて
旧漢字一覧表

※電話での注文は承りません

月~金 10:00~18:00

昼休み(13:00~14:30)

(土・日・祝日休)

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

FAX専用用紙を印刷頂き、必要事項をご記入の上でFAXをお送りください。FAX:03-4579-0561

▼ 2017年04月 ▼
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カスタマーサポート休業日

契約書に印鑑が必要な場面と印鑑を捺印することで発生する効力

Column


印鑑作成専門店 TOP > コラム > 契約書に印鑑が必要な場面と印鑑を捺印することで発生する効力

契約書に印鑑が必要な場面と印鑑を捺印することで発生する効力

契約書に押される印鑑



子どもの頃に「判を押す際には注意をしろ!」と言われた経験がある人は少なくないでしょう。印鑑というのは重要な書類に押すものであり、お金の賃貸借契約や家の契約など大事な書類でも押すものです。



万が一自分に不利なものであっても判が押されてしまっていれば自分がその書類に書かれている内容を認めたものであるという証明となるために、不利益な内容についても了承しなければならないのです。そのため、判を押す前によく確認するようにすべきだとか、簡単に判を押さないようにしなさいということを言われます。



印鑑はなんでも同じということが思われることもありますが、決してそのようなことはありません。実印と認印という種類があり、簡易的に使用するものとしてはネーム印もあります。このそれぞれに特徴があり、使う用途が違ってきます。



重要なものとして、契約書のような書類で使われる実印や金融機関の届出印で使用する銀行印があります。これらは印材に彫られてあるものを使用します。彫られたものであるために長く使っても滅多に印面の形が変わらないこと、同じものを作ることが難しいことで悪用を防ぐことができます。特に重要な書類に使用するのが市区町村に届出をしている実印です。



実印は重要書類で使用すること、公的な効力を持つために他の人が簡単に作れないようなものを作ることが多いです。人によっては名字と名前まで入れたものにしたり、名字でも字体をオリジナリティのあるものにしたりという工夫をすることもあります。



実印と認印で同じものを使いまわしているというケースもあるかもしれませんが、多くの人は使い分けています。金融機関への届出印についても別途印鑑を用意することが多く、特に複数種類持っているという人は少なくありません。






契約書にネーム印が使えない理由



一般的に使い勝手が良いためによく使用されているのがネーム印です。すぐに押せるように朱肉が染み込んだゴム素材でできているもので簡単に購入することができます。特に最近では100円ショップの出現でネーム印がついたボールペンも販売されており、ビジネスシーンで便利として持っている人も多いです。



ネーム印はゴム素材であること、一度にたくさん押印しても良いように柔らかめの素材でできているのが特徴です。そのため、長く使用していると印面が変形することがあり、同じ印であるという証明ができない可能性があること、またリーズナブルに入手できるために悪用される危険があるということが考えられます。よって、簡易的な書類にしか使用ができません。



ネーム印が使用できる場面というのは、宅配便の受け取りに押印をしたり、出勤簿の勤怠記録に押印をしたり、子どもの連絡帳へ押印をしたりという場面であって、契約書で使用するようなことは認められていないことが多いです。なので、ネーム印は不可とされる書類がありますし、そういったものは事前連絡があり認印を持ってくるように指示されることがあります。



認印と実印とで法的効力の違いがあるというわけではありません。しかし、契約内容や契約相手によっては実印を押印するようにという指示がされることもあります。これは、実印の唯一性から本人がきちんと自分の意思で押印をしましたという証明をしたいという場合が多いです。



車の契約や家の契約といった大きな契約では特に実印を押印することが必要であり、印鑑証明を合わせて提出して公的に認められている判で押印をしたという証明とするのです。






契約書に使う印鑑を購入する



実印というのは市区町村に登録がされているものであり、重要な契約の時に使用するものです。そこで、リーズナブルなものを購入して使うのではなく、せっかくならばきちんと自分だけの印鑑を作ることが望ましいと言われています。市販のものはすでに彫られているためにすぐに購入することができますし、リーズナブルです。しかし、オリジナル性は高くないですから、場合によっては悪用されてしまうこともあります。



重要な書類というと、ビジネスシーンでも日常的な契約場面でも自分が押印したという証明となるものです。そのため、自分の代わりに自分の証明となってくれるものでもあります。あまりリーズナブルなものを使っていると自分の価値を下げることにもなりかねません。



また、印鑑証明の登録をするときというのは成人をしたり、結婚をしたり、新居を構えたりというような重要な局面であることが多いです。このような重要な場面だからこそ自分の印鑑を作成することで責任感や社会人の自覚が芽生えたり、もっと頑張ろうという気持ちを持てたりというモチベーションアップにも有効なものでもあります。



自分でオーダーして作成するとなれば、印面に使用する文字の字体であったり本体部分の素材であったりというのも自分の好きなものを選ぶことが可能です。そのため世界に一つだけのものを作ることができます。自分らしさを表現するツールとすることができますし、風水を意識して作成すれば自分の弱点を補うものとすることもできます。一生使い続けるものですから、せっかくなのできちんとオーダーをしてオリジナルのものを作ってみましょう。