印鑑・はんこ専門の激安通販店 -はんこプレミアム-

★お気に入り
新規会員登録
ログイン
はんこ・実印・印鑑の安い印鑑通販店【はんこプレミアム】
ご利用方法
ご注文方法
お支払い方法
発送・送料について
商品の梱包について
返品交換について
特定商取引法
コラム
会社概要
プライバシーポリシー
お問い合わせ
サービス一覧
「特急出荷」サービス
デザイン校正サービス
アタリの埋込みサービス
安心10年保証サービス
印鑑の選びについて
印材について
書体について
サイズについて
旧漢字一覧表

※電話での注文は承りません

月~金 10:00~18:00

昼休み(13:00~14:30)

(土・日・祝日休)

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

FAX専用用紙を印刷頂き、必要事項をご記入の上でFAXをお送りください。FAX:03-4579-0561

▼ 2017年04月 ▼
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カスタマーサポート休業日

大事な印鑑証明書もコンビニで取得できる時代

Column


印鑑作成専門店 TOP > コラム > 大事な印鑑証明書もコンビニで取得できる時代

大事な印鑑証明書もコンビニで取得できる時代

登録していなかったらすべて同じ



印鑑は、日本人であればさまざまなところで使用する機会があることでしょう。しかし、その印鑑を自分のものであると証明することは簡単なことではありません。なぜならば、証明できなければ複製したものの可能性もあり、自分以外の人間が押印したものであるかもしれないからです。押された事実が残るだけのことであり、押したことを証明する手段が必要となります。そこで、利用されることになるのが印鑑証明です。



上記のことからも分かる通り、この印鑑証明書を発行してもらうためには印鑑を登録しなければいけません。登録をして初めて発行されるようになるため、登録していないものは認印と何ら変わりがないということになります。それがどんなに高価な印材を使っていても同じことであり、どんなものでも証明できないものは同じ価値しかないのです。ただし、何でも登録できるというわけではなく、サイズなどにも決まりがあることを理解しておかなければいけません。



印鑑を登録することによって印鑑証明書が発行され、これをもって初めて効力を持つものとなるのです。この印鑑証明書は、大変重要なものとなります。そのため、一般的に利用する場面は限定されると考えていいでしょう。例えば不動産であったり自動車の売買であったりと高額な資産取引といったことや、公正証書を作成したりする際などの限られた場面でしか使われません。



印鑑証明は印鑑が登録されたことを証明されるためのものであり、信頼できる第三者として公共機関が証明し正当性を保証するものだからです。本人の登録した印鑑として、他のものは存在しない証明のため重要なものとなります。乱用するものではなく、めったに出したりしないのはそれだけの意味があるからです。






印鑑登録ということの大事な意味と印鑑の種類



印鑑登録をするということは、大事な作業になります。そのため、ゴム印のように印面が変形し、印影がゆがんだり変わってしまうものは登録することができません。三文判も登録を断られる場合もあるため注意が必要です。



これにも大きな意味があり、三文判は機械的に作られ量産されたものです。自分だけの印鑑であるということを証明するために登録し、印鑑証明書を取得することになるにも関わらず、同じものが複数ある三文判を使うことは本来の意味を失うからです。



乱用するべきではないということも、実印の重要性から考えなければいけません。複製をするということは、何も難しいことではないからです。仮に三文判を用意したとしても、現在のコンピューター技術では複製が絶対にできないということにはなりません。



その可能性を下げるためにはさまざまな手段をとるべきであり、できる限り使わないようにすることで露出を下げます。複製をするということは、その印影を知らなければいけません。ところが、ほとんど使われていなければ印影を知られる可能性を下げることができ、複製のリスクも抑えることができるでしょう。



こういったことを基本として考えれば、他にはない印影を用意するのは当然と言えます。リスクを抑えるためにも手彫りのものが用意されることが多いのも、こうした理由が要因と言えるでしょう。少なくても三文判より大いに安全です。一部のものは登録を拒否されることがあるのも、非常にリスクが高いと判断されたということになるでしょう。



こうして登録が済むと晴れて実印と呼ばれ、印鑑証明書の発行もできるようになります。役所で必要な書類を揃え、提出することによって証明書が発行されますが、もっと簡易的に取得することができるように、現在ではコンビニでも手に入れることができるようになりました。そのため、役場になかなか行くことが出来ない方はコンビニを利用すると便利でしょう。






便利で手軽なコンビニの利用方法



印鑑証明書の取得には、今までならば役所などに行く必要がありました。混んでいるときなどは時間がかかることもよくありますし、実印登録から考えてもかなりの手間もかかります。そこで、時間を短縮することができると共に、どこでも取得することができるようにコンビニの端末で取得が可能となったのです。



コンビニで取得するためには、まずマイナンバーカードが必要です。この時に交付した暗証番号をコンビニの端末で入力することによって証明書の発行を受けることができます。あとは証明書交付の市町村を選択したり、必要事項を選択したりしていきます。



最後に料金を支払うだけで印刷されるため、非常にスピーディーに展開させることができるようになりました。短時間で取得が可能ですし、身近にコンビニがあれば、わざわざ役所に行ったりする必要もありません。印刷された証明書は、役所のものと同様に使うことができるようになっています。



主なコンビニであればほぼ利用することができますので、かなり便利になったと言えるでしょう。実際に印鑑証明書の他にも住民票の写しや戸籍証明書なども同様の方法で取得可能です。さまざまな利用ができるようになり、手間も時間も減らすことができますので有効に活用していくといいでしょう。