印鑑・はんこ専門の激安通販店 -はんこプレミアム-

★お気に入り
新規会員登録
ログイン
はんこ・実印・印鑑の安い印鑑通販店【はんこプレミアム】
GW休業のお知らせ
ご利用方法
ご注文方法
お支払い方法
発送・送料について
商品の梱包について
返品交換について
特定商取引法
コラム
会社概要
プライバシーポリシー
お問い合わせ
サービス一覧
「特急出荷」サービス
デザイン校正サービス
アタリの埋込みサービス
安心10年保証サービス
印鑑の選びについて
印材について
書体について
サイズについて
旧漢字一覧表

※電話での注文は承りません

月~金 10:00~18:00

昼休み(13:00~14:30)

(土・日・祝日休)

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

FAX専用用紙を印刷頂き、必要事項をご記入の上でFAXをお送りください。FAX:03-4579-0561

▼ 2017年04月 ▼
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カスタマーサポート休業日

印鑑は押し方でも変わってきます。

Column


印鑑作成専門店 TOP > コラム > 印鑑は押し方でも変わってきます。

印鑑は押し方でも変わってきます。

どんなときに使うの



印鑑は、日本人であれば一度は使ったことがあるのではないでしょうか。印鑑にはいくつかの種類があって、その種類で書類への捺印をどの種類で行うのかが変わってきます。契約書など重要な書類に使うときには、証明書を取ることができる実印を使うときが多々あります。



銀行関係などの通帳などで使うものとしては別途銀行印を使って契約をします。特に通帳などを作るときには、銀行専用の印鑑を用意して他の書類への捺印をするものと区別をする場合があります。



ただ、実印を使ってまで捺印をするほどの重要性はあまり感じられません。そのため、書類に捺印するのには、実印・銀行印・認印の3種類の印鑑があればことが足りるでしょう。銀行の場合は認印でも良いのですが、偽造される可能性も無いとは言えないので、できれば別途実印と同じように銀行印を作ってから使うようにしたほうが便利ですし安心できます。



印鑑を販売している業者も実印・銀行印・認印の3本セットで受注して製作する業者も多くあります。実印と銀行印の2本セットで販売している業者もあります。最近では認印は安く簡単に購入することができるので、認印は別途製作することをしない人が増えてきています。



製作業者もそれに対応して、実印・銀行員の2本をセット販売するのが一般的になってきました。このように、印鑑を押す場面はいろいろとありますが、そのときに、どの種類を使うかは指定される場合もあり、そんな場面をあらかじめ知識として知っておくと、どの印鑑を作っておいたほうがいいのかを考えることができます。



実印を使う時は、不動産の取引き、自動車の取引き、電話の加入権の取引き、遺産相続、公正証書の書類を作成するときや官公庁の手続きなど、普段の生活ではあまり必要としない場合に使うときがあります。



大事な書類を作成するときには、実印がなければ書類を作成することができません。銀行印の場合は、金融機関で口座を作る際、保険に加入する際、口座振替を行う際など限られたときに使いますが、お金を取り扱う上で必要な手続きです。認印は、日常生活の中で一番多いのですが、履歴書、婚姻届、転出転入など役所関係など日常的に認印を使うことがあります。



このように、使う書類によって使う印鑑は分けられていて、すべての種類が必要です。ここでは、それぞれの印鑑を使う書類はどのようなものなのか、どのような手続きで使用するのかを説明しました。実は、実印や銀行印の押す方法というものが存在しており、次はそのことについて説明します。





朱肉にも注意が必要



印鑑を押す方法というものは、具体的にどういったものなのか知っておくと、今後必要になったときに役に立ちます。重要な書類ほど、薄くなったりしないで均等に朱肉が写るようにしなければ認められないものがあります。



印鑑には上手に押す方法というものがあり、まず第一に朱肉を均等に書類に反映するためには、捺印マットというものを使用します。これを敷いてから押すのと、敷かないで押すのではまったく変わってきます。捺印マットを使用する場合、硬すぎずやわらかすぎない材質を使ったほうが使いやすいでしょう。



次に重要なのが、朱肉の付け方です。朱肉にも気をつけなければいけません。文字の部分に朱肉を付けていきますが、この際に全体にまんべんなく付けることが大切です。ちゃんと綺麗に付いているか不安でしたら、一度不要な紙に試し印をしてみるのもいいでしょう。朱肉が赤ければいいというわけではなく、程よく油が混ざっていなければいけません。油が少なくて乾燥している場合は、油を追加してから朱肉が書類に付きやすくする必要があります。そのためには、朱肉を買い換えることも手段の1つです。



押印した後は、印鑑に付いた朱肉をティッシュペーパーなどで綺麗に拭き取りましょう。拭き取らずにいると、文字の部分に朱肉が詰まり綺麗な押印が出来なくなってしまう可能性があるためです。






うまく押す方法



印鑑は、押し方をどうするかでも変わってきます。この押し方というのが難しくて、よく失敗する人がいます。押し方を知っていると、大事な書類の捺印をするときに失敗しないで済みます。押し方は簡単なようですが、きちんとした押し方をしなければ、ムラができてしまいます。



そうならないようにするためには、押印するときに紙にして垂直に印鑑を押すことが大切です。そして、「の」の字を書くように何回か回すことで綺麗に押すことができます。そうすることによって、朱肉のうつりが均等になりうまく押せるでしょう。また、押す際に適度な力を入れることも重要です。女性の場合は薄すぎたり、男性の場合は濃くなりすぎたりする場合も多くあるでしょう。そういった点に気をつけながら適度な力で押印することで、綺麗に捺印ができます。



このように単に押すだけの行為ですが、慎重にすることで綺麗に捺印でき、そのほうが見た目も綺麗ですし契約書を作成するときなどに不備がなくなります。押し方一つで綺麗に写るかどうかが変わってきます。押す方法を知っていれば、いざというときに役に立ちます。方法は難しくありませんので、しっかりと押す方法を覚えておくと便利です。