印鑑・はんこ専門の激安通販店 -はんこプレミアム-

★お気に入り
新規会員登録
ログイン
はんこ・実印・印鑑の安い印鑑通販店【はんこプレミアム】
GW休業のお知らせ
ご利用方法
ご注文方法
お支払い方法
発送・送料について
商品の梱包について
返品交換について
特定商取引法
コラム
会社概要
プライバシーポリシー
お問い合わせ
サービス一覧
「特急出荷」サービス
デザイン校正サービス
アタリの埋込みサービス
安心10年保証サービス
印鑑の選びについて
印材について
書体について
サイズについて
旧漢字一覧表

※電話での注文は承りません

月~金 10:00~18:00

昼休み(13:00~14:30)

(土・日・祝日休)

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

FAX専用用紙を印刷頂き、必要事項をご記入の上でFAXをお送りください。FAX:03-4579-0561

▼ 2017年04月 ▼
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カスタマーサポート休業日

印鑑はお気に入りを手元に!印鑑登録して使おう

Column


印鑑作成専門店 TOP > コラム > 印鑑はお気に入りを手元に!印鑑登録して使おう

印鑑はお気に入りを手元に!印鑑登録して使おう

印鑑登録して初めて実印となる


印鑑の種類には、実印、銀行印、認印の3種類があること、そのなかでも最も重要な書類などに使用するのが実印であることはなんとなくわかっていても、実印用の印鑑を作成しただけで法的な効力をもつと勘違いしている方も少なくありません。実印は、住民登録している市区町村の役所や役場で登録手続きを申請することによってはじめて法的な効力をもつようになるということを理解しておくことが必要です。自動車の売買、不動産取引、公正証書の作成、婚姻届や各種ローン設定などの際には、「印鑑登録証明書」の提出を求められます。書類に押印されたものは間違いなく本人のものであるか、種類作成者が本人に間違いないか、などの本人確認をする際に必要となるもので、証明書を発行してもらうためには、まず、登録申請をしなければなりません。
実印の登録は、15歳以上であれば、一人につき1本だけ登録が可能で、たとえ外国人であっても外国人登録をしていれば登録が可能となります。印影の大きさが1辺の長さが8㎜の正方形に収まってしまわないこと、また、1辺の長さが25㎜の正方形を超えないことという条件があり、住民票や外国人登録原票に記載されている氏名全体あるいは組み合わせによるものであることが原則となります。市区町村によっては、印影のサイズの違いやフルネームでなければ登録できないところなどもあるので、住民登録している役所などへの確認が必要となることもあります。氏名以外の通称名や芸名、職業や資格などを表すものは登録できません。三文判のような大量生産されたものは、誰でも手に入れることができ、偽造などのリスクが高まるため登録には不向きです。印影については、外枠や文字が欠けるなどして不鮮明ではないものが条件となります。

印鑑登録と証明書発行までの流れ


印鑑登録をするためには、住民登録をしている市区町村の役所や役場に登録用の印鑑を持参して申請することになりますが、本人確認のために、免許証やパスポートなどの顔写真付身分証明書も必要となります。担当窓口に備え付けとなっている申請書に必要事項を記入し提出するだけで即日登録することが可能で、同時に証明書の発行を受けることもできます。カード式の登録証が発行され、一度登録すれば、次回からは必要な際に、証明書交付申請書に必要事項を記入して提出するだけで証明書を発行してもらうことができます。また、最近では住基カードを利用してコンビニで証明書の発行ができるところもあり、とても便利です。
仕事の都合などで転居する際は、同一市区町村内であれば転居届を提出するだけで自動的に登録情報が変更されるため、特別な手続きは必要ありません。同一市区町村外への転居については、転出届の提出と印鑑登録証の返却により旧住所での登録が抹消されますが、自治体によっては転出届を提出すると登録が自動的に廃止されることがあります。実印と証明書さえあれば、第三者が誰でも本人に成りすますことができるため、権利の侵害や財産の損失などが発生することがあるため、登録した実印と証明書は大切に保管する必要があります。実印や登録証が盗難にあったり、紛失してしまったりした際には、知らない間に財産を盗まれたり、違法契約を締結したりするなどの恐れがあるため、直ちに亡失届を役所に提出しなければなりません。また、銀行印と実印を1本で兼ねている場合は、リスクが倍増してしまうため、区別して所持しておいた方がいいでしょう。

大切な印鑑もネットで手軽に購入できる


自分専用の印鑑を作るタイミングとして、進学や就職などで一人暮らしを始める際に、初めて自分専用の印鑑をつくったという方が多く、その理由としては、賃貸物件の契約などで必要になることがあるとともに高校卒業のお祝いとして贈られることがあげられるようです。印鑑のなかでも特に大切な場面でのみ使用する実印は、偽造のリスクを避けるためにオーダーによる手彫りがおすすめです。街の歴史あるお店は、確かな腕と信用がありますが、価格の高さと数少ない職人が手作りをすることによって制作期間が長くなってしまうことなどのデメリットもあります。スピーディに格安で品質の高いもの、そんな三拍子が揃った商品が、ネットで販売されています。
宣伝広告費や中間マージンなどが発生せず、実店舗がないため、建物の維持費や人件費も削減できるため、市価の3分の1、2分の1という破格の安さで購入することが可能です。素材にこだわることができるとともに、1本、1本、完全オーダーメイド制による手作業で作成するので品質にも妥協がありません。いつでも自分の好きな時間にオンラインで注文することができ、書体なども選ぶことができます。象牙や黒水牛、チタンなど大切に長く使うからこその素材選びも自由に楽しむことができます。また、ショップによっては、即日発送やオーダー内容の修正を無料で対応しているところもあり、ただ安い、早いだけでなく、保証面でも安心できます。忙しくて店舗に足を運ぶ暇がない、コスパに優れた逸品が欲しい、などという方にはピッタリと言えるでしょう。