印鑑・はんこ専門の激安通販店 -はんこプレミアム-

★お気に入り
新規会員登録
ログイン
はんこ・実印・印鑑の安い印鑑通販店【はんこプレミアム】
ご利用方法
ご注文方法
お支払い方法
発送・送料について
商品の梱包について
返品交換について
特定商取引法
コラム
会社概要
プライバシーポリシー
お問い合わせ
サービス一覧
「特急出荷」サービス
デザイン校正サービス
アタリの埋込みサービス
安心10年保証サービス
印鑑の選びについて
印材について
書体について
サイズについて
旧漢字一覧表

※電話での注文は承りません

月~金 10:00~18:00

昼休み(13:00~14:30)

(土・日・祝日休)

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

FAX専用用紙を印刷頂き、必要事項をご記入の上でFAXをお送りください。FAX:03-4579-0561

▼ 2017年04月 ▼
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カスタマーサポート休業日

印鑑の種類と必要性

Column


印鑑作成専門店 TOP > コラム > 印鑑の種類と必要性

印鑑の種類と必要性

実印と銀行印はなぜ作らなければいけないの



印鑑を作るときには、自宅近くにある業者を見つけてから作ってもらうというのが今までの常識でした。それまで印鑑といえば、実印や銀行印になりますが、実印や銀行印は特別なもので、社会人になった時に絶対なければ困るものです。

銀行印は認印などでも代用はできますが、実印には絶対に市販のものを使ってはいけません。市販のものを実印代わりにしてしまうと、簡単に偽造されて使われてしまうからです。実印をオーダーメイドするということは、まったく同じものを他では作れませんので、偽装ができなくなります。ですから、実印には市販の印鑑をメインで使うのではなく、必ずオーダーメイドして作ったものを使いましょう。

銀行印はなぜ作らなければいけないのでしょう。銀行の通帳を作るときには、必ず銀行印が必要になります。その銀行印さえあれば、今あなたが貯蓄しているお金を引き出すことができます。そのお金を他人に勝手に下ろされては困ります。最近の銀行は、本人確認が厳しくなりましたので、銀行印だけをすり替えて違う銀行印で手続きをしたとしても、その後、本人であるかどうかの確認が非常に厳しくなっています。ですから偽装は判明しやすくなっているのです。しかしながら、それでも、銀行でお金の出し入れができるものなので、銀行印は別途オーダーメイドしてから作っておいたほうがいいのではないでしょうか。そうすることで、なりすましてお金をおろされる危険性がより少なくなります。

重要な契約書などを作るときには実印が必要になりますし、お金の出し入れには銀行印が必要になります。ですから、今までも銀行印や実印を作るのが常識となっていました。まだまだ、日本は印鑑社会ですので、大事な書類を作成するときや、お金に関する書類には必ず押印をしなければなりません。特に実印登録をした、本人しか持っていないような実印を使った押印は頻繁に行われます。この時に、実印による押印とその印鑑証明を提出することで、本人による署名であるということを確認することになるのです。



印鑑は個人だけではありません。



印鑑といえば代表的なものが、個人の実印と銀行印ですが、法人企業の場合でも、大事な書類等には必ず会社の実印を使用します。

会社の社印には、他にも会社用の認印や角印などもあります。これらを用途に合わせて使い分けています。会社の印鑑には、会社の実印と会社の銀行印に角印などがありますが、会社の実印は、契約書等に押印をするような場合は、実印を押すことになります。この会社の実印は法務局に届け出なければいけません。証明書の発行というものもありますので、1通いくらかで実印の証明書を取ることもあります。通常の請求書や見積書、領収書には実印を使う必要はありません。できれば、角印を使うことで、より使いやすくなっています。会社の実印は、本当に大切な時以外は必要ありません。

一番使うのが角印です。角印は社員であれば誰でも使うことがある、見積書、請求書、領収書といったビジネスで必要な三つの用紙には、必ずといっていいほど角印が使われています。当然会社の銀行印というものもあります。

このようなところを見ると、今でも日本は印鑑社会であるといえます。日本では身分を証明する決め手は外国では必要のない押印をすることなのです。ちなみに外国の場合は、押印をするという週間はほとんどなく、大事な書類には直筆のサインで証明書として使用しています。このような制度が良いのか悪いのかは別として、日本が印鑑社会という事実はまだまだ変わりそうにありません。



実印や銀行印を作るのも通販の時代?



印鑑といえば、街中にある文具店などでも認印は売られていますし、作ることもできます。ただし、店舗を構えて印鑑の販売をしているので、それだけ余分な経費がかかります。実店舗のある店では経費を精算するために、販売する商品の価格を上げなければいけません。ですから商品の値段が高くなってしまうのです。つまり、それらの経費が必要のないインターネットでの通販であれば、その分商品の価格に反映して、できるだけ安く販売できるのです。

しかし、このようにインターネットで実印などの販売をしている販売サイトがあること自体知らない人もいらっしゃいます。インターネットで販売しているのを知ってはいるものの、あまりの安さに、品質が悪い印鑑を買わされるのではないかと思う人も多いようです。確かに、昔であればインターネットで購入すると詐欺的な商品が届くようなサイトも多数存在していましたが、最近では、品質のいいものを販売しているサイトはたくさんありますし、悪質なサイトはそうそう目にしなくなってきています。それだけ、インターネットの世界では、正常化されてきていて、誰もが安心して商品を購入する事ができる世の中になってきています。印鑑専門の通販サイトで価格の安さに注目をしてみてください。