印鑑・はんこ専門の激安通販店 -はんこプレミアム-

★お気に入り
新規会員登録
ログイン
はんこ・実印・印鑑の安い印鑑通販店【はんこプレミアム】
ご利用方法
ご注文方法
お支払い方法
発送・送料について
商品の梱包について
返品交換について
特定商取引法
コラム
会社概要
プライバシーポリシー
お問い合わせ
サービス一覧
「特急出荷」サービス
デザイン校正サービス
アタリの埋込みサービス
安心10年保証サービス
印鑑の選びについて
印材について
書体について
サイズについて
旧漢字一覧表

※電話での注文は承りません

月~金 10:00~18:00

昼休み(13:00~14:30)

(土・日・祝日休)

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

FAX専用用紙を印刷頂き、必要事項をご記入の上でFAXをお送りください。FAX:03-4579-0561

▼ 2017年04月 ▼
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カスタマーサポート休業日

印鑑の書体にはどんな種類がある?選び方と安く手に入れる方法

Column


印鑑作成専門店 TOP > コラム > 印鑑の書体にはどんな種類がある?選び方と安く手に入れる方法

印鑑の書体にはどんな種類がある?選び方と安く手に入れる方法

印鑑の書体の種類


進学や就職を機に初めて自分専用の印鑑をもつことになったとき、社会の一員としての自覚や責任が生じることの重さを感じることができます。契約書や借用書、宣誓書や保証書、預金の払い戻しなど、さまざまな場面で必要となり、捺印することに大きな責任が生まれます。実印、銀行印、認印の3点セットが一般的ですが、性別によっても適正な直径サイズなどがあり、材質とともに選ぶ条件として大切なこととなります。一般的に実印には姓名、銀行印や認印には姓または名を彫ることが多いです。素材や色などの見た目も気になりますが、何といっても肝心なのは印影であり、鮮明であるとともに目的や用途、個人の嗜好によって書体を選択することが印鑑づくりの第一歩となります。
「篆書体」は、書道、彫刻の一種である篆刻にも使用されているポピュラーな書体で、日本銀行が発行するお札にも捺印されているものの書体でもあります。日本最古の金印として有名な「漢委奴国王」にもこの書体が使用されています。古い歴史をもつ文字で可読性や偽造の可能性が低いため、本人確認のための書類などに使用するのに適しています。「吉相体」は、「八方篆書」とも呼ばれるもので、伝統的な篆書体をベースとして中心から八方に広がるように力強い流れの線で描かれているのが特徴です。デザイン性に優れているともに本人でなければ確認できない可読性の低さもあり、セキュリティの高さが必要とされる書類への使用などに適していると言えるでしょう。
「太枠篆書体」は、篆書体をベースとしながらも細く仕上げることによって太枠と細文字の調和がとれた書体として有名です。線が細く軽やかなイメージがあるため、女性用として使用されることが多いようです。「古印体」は、墨溜り、欠け途切れといった、雅やかな和風の趣を持ったもので、日本の漢字をベースにした書体です。可読性に優れているため、認印などによく使用されています。このほかにも「隷書体」などがありますが、用途や目的によって可読性の可否も重要な条件になることを覚えておくと便利です。

目的や用途によって印鑑の書体を変える


デザイン性や線の太さとともに可読性が重要なカギとなる印鑑の書体は、目的や用途によって使い分けることをおすすめします。実印とは、印鑑登録が受理されて効力を発揮し、さまざま重要な書類で使用される大切なものです。戸籍上の姓名で登録することとなるため、フルネームでの作成が基本となります。100円ショップなどでは、姓のみのいわゆる三文判が販売されていますが、仮に姓名の物が販売されていたとしても使用はおすすめできません。偽造されてしまえば財産損失などの大きなトラブルに発展することがあるため、唯一無二のものを作成しなければならないのです。偽造されにくいもの、簡単には読めないもの、などが条件となることから、風格のある印影であるとともに縁起のよいとされている篆書体をベースにしたものが適しています。
銀行印は、従前は比較的可読性の高い「古印体」などが一般的とされていました。しかし、最近では、銀行口座を使った詐欺事件や盗難事件などが頻発していることもあり、防犯上の理由から複雑な陰影となる篆書体や印相体などを使って作成されることも多くなってきました。字体が複雑でありながら、独特なデザイン性と風格も有しており、銀行印としてとても重宝されています。
また、印相体は開運書体としても知られており、金運アップなどの縁起をかついでお金の出し入れを目的とする銀行印に使用されることが多いようです。認印は、サインの代わりのようなもので、郵便物や宅配便などの受け取りなどに使用されることが多いものであり、特にセキュリティ面に配慮する必要もないため、可読性の高い書体が適しています。

通販で格安印鑑を手に入れるコツ


昔ながらの印鑑屋の数は昔と比べると随分減ってしまいましたが、その魅力は昔気質で腕が確かな職人の手作りによるものであるということでしょう。
最近では、通販サイトでも数多くのはんこ作成ショップがありますが、いくら安くても、機械による大量生産や雑な手作業によるものを買いたいとは考えないはずです。ネットショップの場合は、宣伝広告料や人件費の削減、材料の一括購入によるコスト削減、流通経路の簡素化などを価格に還元できるために格安販売が可能となっているものの、熟練の職人がきちんと手彫りで作成しているお店もあります。特に、重要な場面でのみ使用することとなる実印については、職人による卓越した技術で手彫りされた唯一無二の物が必要となりますが、確かな品質を誇る逸品が市価よりもかなり安ければ選ばない理由はありません。
中間マージンや広告費などがカットされている分、デザインだけでなく素材にもこだわることができます。本拓や黒水牛など、素材としては高級品といわれる材料を使用して長期保証まで付けているお店もあり、近所の実店舗よりも価格面、保証面、品質面、そして納期までの期間の短さなどから、比較にならないほどお得に購入ができます。ネットならではの24時間365日オンライン発注が可能で、書体や彫刻の内容なども自分で選択して簡単に注文することができ、手元に届くまでそれほど日数がかからないのが大きな魅力と言えるでしょう。印鑑は一生に何度も作成する機会はないため、手彫り印鑑が欲しいけど価格が高く時間がかかるのであきらめていたという方に、ぜひおすすめです。