印鑑・はんこ専門の激安通販店 -はんこプレミアム-

★お気に入り
新規会員登録
ログイン
はんこ・実印・印鑑の安い印鑑通販店【はんこプレミアム】
ご利用方法
ご注文方法
お支払い方法
発送・送料について
商品の梱包について
返品交換について
特定商取引法
コラム
会社概要
プライバシーポリシー
お問い合わせ
サービス一覧
「特急出荷」サービス
デザイン校正サービス
アタリの埋込みサービス
安心10年保証サービス
印鑑の選びについて
印材について
書体について
サイズについて
旧漢字一覧表

※電話での注文は承りません

月~金 10:00~18:00

昼休み(13:00~14:30)

(土・日・祝日休)

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

FAX専用用紙を印刷頂き、必要事項をご記入の上でFAXをお送りください。FAX:03-4579-0561

▼ 2017年04月 ▼
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カスタマーサポート休業日

印鑑にまつわるあれこれ

Column


印鑑作成専門店 TOP > コラム > 印鑑にまつわるあれこれ

印鑑にまつわるあれこれ

印鑑の発祥は有名な古代文明



今や日本での生活の中で、契約をかわしたり何かを証明したりする際に用いられる印鑑ですが、その歴史は紀元前7000年から6000年ごろの中東からと言われています。最初は粘土などに押すスタンプ型のものでした。それが後に粘土板の上を転がす円筒状のものとなり、その後も少しずつ形を変えていきます。やがて印鑑は、インドを経て中国へと伝わります。「漢倭奴国王印」の金印が日本で最も古いとされ、中国から日本に入ってきたのはそれよりも遥か昔とされています。やがて、日本独自の文化へと発展していきます。



現代では、個人や官職、団体のしるしとされており、公私ともに文書に押すものとして責任や権威を証明するものとして使われています。就職したときに企業と契約をする際の雇用契約書、結婚をするときの婚姻届、子どもが生まれた時の出生届など、多岐にわたります。人生の節目や何かを証明する際には、書類の記載と捺印が必要となっています。



また、印章に関して世間一般としては、正式な形で印章と呼ばれているのがハンコや印鑑であり、印章またはハンコと同じ意味も含めて「印鑑」という言葉を使われる場合は正しくないともされています。



古くからは、印影と印章の所有者および押印した者を一致させるために、印章を登録させ、そうした上でその印影の登録簿を印鑑と指して呼ばれていることが近いのでしょう。そして、印鑑を登録する場合に用いた印章および実印を対象として、印鑑と呼ばれることもあります。さらには、銀行に使われる印および登録印のほか、印章そのもの全般も前述の通りに呼ばれているケースもあります。





印鑑の必要性



一昔よりも手書きでサインをする機会が増えたとはいえ、日本では今も印鑑が重要視されています。宅配の受け取りなどはサインだけですみますが、先に述べましたように正式な文書を作成するときには印鑑はなくてはならないものとされています。



認印や銀行印、実印などと、社会人になるにつれて自分自身の印鑑を所有していることが、当たり前のことになってきます。実際に、それを見越した上で卒業生に認印を贈る学校も中にはあるくらいですから、その利便性や重要性があると見て捉えることができます。



今の時代、格式張ったものよりも手軽に使えるスタンプタイプのものを愛用する人も多くいますが、契約書などの作成にあたっては、ほとんどが朱肉を使うという印鑑の使用を求められることがほとんどです。



特に公文書関係になると実印を求められることもあり、やはりきちんとしたものを持っていなければ、社会生活を送る上で不都合が生じる場面に出くわすこともあります。



また、そこまで大げさでなくとも、企業によっては格式張ったものではない社員がスタンプ型のものを使用することを部分的に禁じているところもありますので、たかが印鑑とは言っていられません。



一方、スタンプタイプの印鑑でなくとも1種類の印鑑のみを所持し、銀行印から認め印、実印まですべてを1本で済ませてしまうという方もまれに見かけます。しかし、これでは様々な面で安全であるかどうかに疑問が残ります。できれば、それぞれで使い分けることによって、安心することが出来ます。



社会人として自分の印鑑を持つということは、日本では言わば常識といっても過言ではありません。最初から良い物を持つ必要はないので、自分で使いやすく愛着の持てるものを選ぶと良いでしょう。





印材の選び方



印鑑を購入するとなったときには、その印材を選ぶのも楽しみのひとつです。社会的な地位のある人でしたら、重厚な水牛や虎目石など、昔から人気のある材質を選ぶこともあります。また、最近は独特な輝きをもっている良質のチタン材も使われることがあります。



女性でしたら、優しい印象を持つ瑪瑙やローズクォーツなどの材質も人気が増えつつあります。あまり形式的すぎたりかしこまったりしたものは苦手な人や、素材にあまりこだわりをもたないという人には本柘などの木材から始めて、その後、必要に応じて印材を変えていくという方法もあります。



ただ、実印や銀行印はそう簡単に変更するものとして適してはいないので、この2種類については後になって後悔しないように素材やデザインにもこだわって作っておいた方が良いかもしれません。



最近はデザイン性にあふれた印材も扱われています。サクラやウサギなど和の模様を印材そのものに施し、それにマッチした印鑑ケースも販売されています。ケースと印材をセットでそろえたものはとてもおしゃれで華やかさがあり、卒業や就職、20歳になった成人の記念など何らかの節目の際に、贈り物として選択すれば喜んでもらえることでしょう。



木材、石材、金属、動物の角など印材には驚くほど種類がありますが、扱いやすさや耐久性など、それぞれに特徴があります。印材を選ぶときには、それぞれの特徴を十分理解した上で、自分の好みも取り入れつつ目的に合ったものを選ぶのがポイントです。