印鑑・はんこ専門の激安通販店 -はんこプレミアム-

★お気に入り
新規会員登録
ログイン
はんこ・実印・印鑑の安い印鑑通販店【はんこプレミアム】
ご利用方法
ご注文方法
お支払い方法
発送・送料について
商品の梱包について
返品交換について
特定商取引法
コラム
会社概要
プライバシーポリシー
お問い合わせ
サービス一覧
「特急出荷」サービス
デザイン校正サービス
アタリの埋込みサービス
安心10年保証サービス
印鑑の選びについて
印材について
書体について
サイズについて
旧漢字一覧表

※電話での注文は承りません

月~金 10:00~18:00

昼休み(13:00~14:30)

(土・日・祝日休)

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

FAX専用用紙を印刷頂き、必要事項をご記入の上でFAXをお送りください。FAX:03-4579-0561

▼ 2017年04月 ▼
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カスタマーサポート休業日

勘違いされていることも多い割印の意味

Column


印鑑作成専門店 TOP > コラム > 勘違いされていることも多い割印の意味

勘違いされていることも多い割印の意味

印鑑にはさまざまな使い方があります



印鑑の使い方には、いろいろなものがあります。印鑑を使い印影を残すということが、さまざまな効果を上げることができるからです。押印したという事実が残るということが、多くの事項に派生していくことを知ると、使い方も考えていくことができます。特に契約関係の仕事をしていると、さまざまな使い方をしていくことが分かります。



契約書は、その内容を記した大事な書類です。内容をはっきりさせるだけではなく、お互いで確認することができるからです。ですが、1枚で終わるとは限らないのが契約書で、何枚にもわたって作成されることも多いのです。そんな時に、印鑑を使うケースがあります。



契約書は、改ざんされてしまっては困るものです。別のものに作り替えられていたといったことが起こってしまっても、その事実を判断することができなければ、改ざんは簡単にできてしまいます。基本としては、お互いに1通ずつ持つというのがひとつの方法になっていますが、改ざんされてしまうと、どちらが本物なのか、判断がつかなくなる恐れがあります。それは非常に危険なことで、なにが本物なのかをはっきりさせておかなければいけません。そこで、割印が使われることになります。





ずらしたところに押す割印と契印



割印とは、1通ずつ持つことになる契約書をずらして重ね、その上から押す印影のことです。ずらして押すことによって、印影を合わせてみた時に、この時に同一の機会に同一の内容で交わした書類であることがわかるようになっています。



慣例として、縦にずらすだけではなく、斜めにずらして重なったところに押すことが一般的です。契約者が2人であるのであれば、お互いが押すことによって、これが間違いのない書類であるということの証明になるのです。



割印を押すということは、その書類を作成した時に押されるわけですから、同じ日に作成したという証明にもなります。これによって、偽造され交換されたりするのを防ぐ意味があります。



同じように押印するものに契印があります。割印のように押しますが、使い方が少々異なります。契印とは、書類が1枚ではなく複数に及ぶ場合、本当にそれが正しい書類なのか証明しなければなりません。途中を入れ替えたりすると、判断がつかなくなる恐れがあります。



そこで、書類が2枚以上に続いている証明として、お互いの紙の重なっている部分に押すのが契印です。契印が押してあれば、少なくとも追加されたり、減らされてしまったりしてもはっきりと判断できるようになります。この契印も、契約者すべてのものが押すことが重要なポイントになってきます。



割印も契印も大事な意味がありますが、どちらも使う印鑑には決まりがあります。割印の場合には、署名の後に捺印したものでなくても問題はありません。ところが、契印は捺印したものを使わなければいけないとされていますので注意が必要です。






契約書の成立と割印を押す意味の違い



非常に重要な割印や契印ですが、これを押したことの意味も考えておかなければいけません。契約書など大事な書類に対して押印するものであり、軽い意味があるわけではないからです。法律的な部分から見てみると、割印などを押したことによって契約書が成立するわけではありません。



効力を持たせるために押すものではないということです。これは、契約ということを別に考えなければいけませんが、基本として双方が合意したのであれば、口頭でも成立します。つまり、契約書が存在していても、していなくても、契約ということは成立するということです。例外もありますが、契約書の効力とは全く関係がないと考える場合もあるということです。



では、意味がないのかといえば、そうではありません。それぞれが本物であるという改ざん防止ということを考えて使われるものだからです。この点が重要であり、良く勘違いされる部分ともいえるでしょう。



ですが、改ざん防止ということは非常に重要なことであり、さまざま工夫をしながら防止策を売っていかなければいけません。署名の後に捺印するのも同じことです。捺印をした後であれば、上から何か書き加えてもすぐにわかるようになっています。署名にかぶせて押されれば、消して書き換えることもできません。



金額の後ろに線を引いたりするのも同様で、改ざん防止策のひとつとなります。こうした工夫を重ねていかなければ、大事な契約内容を守ることが難しくなってしまうことが出てきます。お互いを信用するということは大切ですが、もしもの時のことまで考えていかなければいけないのです。



割印もきれいに押して、印影を残しておきたいところですが、かすんでいても効力に変わりはありません。きれいに押したいという場合には、段差が問題ですので、一枚紙をはさんで高さを合わせておくといいでしょう。これだけで、格段に押しやすくなり、きれいな印影を残すことができるようになります。