印鑑・はんこ専門の激安通販店 -はんこプレミアム-

★お気に入り
新規会員登録
ログイン
はんこ・実印・印鑑の安い印鑑通販店【はんこプレミアム】
ご利用方法
ご注文方法
お支払い方法
発送・送料について
商品の梱包について
返品交換について
特定商取引法
コラム
会社概要
プライバシーポリシー
お問い合わせ
サービス一覧
「特急出荷」サービス
デザイン校正サービス
アタリの埋込みサービス
安心10年保証サービス
印鑑の選びについて
印材について
書体について
サイズについて
旧漢字一覧表

※電話での注文は承りません

月~金 10:00~18:00

昼休み(13:00~14:30)

(土・日・祝日休)

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

FAX専用用紙を印刷頂き、必要事項をご記入の上でFAXをお送りください。FAX:03-4579-0561

▼ 2017年04月 ▼
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カスタマーサポート休業日

個人印鑑の注意点、一生使える印鑑を選ぶ!

Column


印鑑作成専門店 TOP > コラム > 個人印鑑の注意点、一生使える印鑑を選ぶ!

個人印鑑の注意点、一生使える印鑑を選ぶ!

3つの個人印鑑とその特徴とは

 
私たち日本人にとって、印鑑はとても身近なアイテムですし、重要な財産でもあります。学生時代は市販の三文判で事足りますが、就職活動や住居を購入したり、婚姻届を出す時など、人生の節目節目で印鑑は必要になってきます。そのように人生の節目で活躍する印鑑は、多くの方が個人で持っています。それは、実印・銀行印・認印の3つの印鑑です。
3つの個人印鑑は、それぞれに用途があり、独自の役割があります。まず、実印はその種類の中でも最も重要な印鑑です。公正証書の作成や契約書など、法律上・社会上の権利・義務の発生が伴います。そのため、印鑑の持ち主が、自身が住民登録をしている市町村役場に印鑑登録を申請し、正式に受理された印鑑のことを言います。印鑑登録は15歳以上なら未成年者でも登録することができます。実印の一般的なサイズは、男性用が直径15~18mmの丸印、女性が13.5~15mmの丸印です。
金融機関に口座を開設するとき、銀行に届け出る印鑑が銀行印です。1本の銀行印で複数の口座を持っている人が多いですが、リスクを最小限にするため、それぞれ違う銀行印を用意されている方もいます。サイズは、男性用が直径13.5~15mmの丸印、女性が12~13.5mmの丸印が一般的です。荷物の受け取りや職場でよく使われるのが認印です。注意点として、認印でも重要書類に捺印すると実印と同じ効力があるので慎重さが必要です。認印のサイズは、男性用が直径10.5~13.5mmの丸印、女性が10.5~12mmの丸印が一般的です。
さて、個人印鑑をできるだけ長期間使うために、保管する際に注意点が二つあります。一つは、印鑑を使わないときはケースに入れておくことです。ケースに入れないと、冬は乾燥してひび割れを起こすことがありますし、エアコンなどの風に直接当たってもヒビが入ることもあります。二つ目は、印鑑は大切なものなので、他人のわかる場所に保管しないことです。また、大切な書類と実印、銀行印と通帳を同じ場所に保管するのも危険なので、別々に保管することが大切です。印鑑は、劣化と防犯を考慮して大切に保管しましょう。

一生使える印鑑を選ぶ!

 
個人印鑑の中でも生涯唯一の印鑑といっても過言ではないのが実印です。また、銀行印と認印にしても、良いものを選ぶことで一生使える印鑑になります。そこで、個人印鑑を作成するときに押さえておきたい注意点があります。それは耐久性と捺印性です。特に、人生のパートナーとなるべき実印は、高熱や湿気によるひび割れや摩擦などがなく、錆びないような強い材質から作られているものがおすすめです。現在では、技術の発展により一生ものに耐えうる材質が出ており、それがチタン製の印鑑です。
チタンは金属の中でも大変強い材質で耐久性に優れています。また、熱や水にも強いので万が一災害に遭ったときを想定しても安心して持つことができます。さらに、チタンは心臓のペースメーカーや歯のインプラントなどにも使われる身体に優しい材質です。木や動物の牙などから作られるものより長持ちしますし、金属アレルギーの方でも安心して使うことができます。金属なので手に馴染まないと考える方もいますが、意外にも重さも丁度良く、何度押しても疲れないという特徴があります。
最近では、複数の口座に対応できるよう複数の銀行印を持つ方が増えています。そういうときには、手軽な値段で購入でき、また耐久性に優れた素材としてアグニと言われる材質がおすすめです。アグニとは、天然の樹木と樹皮を高圧処理した合板をもとに作られた印鑑です。合成印材ですが、その強度は天然の樹木より強く耐久性があり、まさに現代のニーズに応えた材質です。
認印は頻繁に活用する印鑑なので、耐久性があり自分の好みに合う材質を選ぶと良いでしょう。認印におすすめなのは、牛の角や象の牙などの天然素材です。これらの天然素材は、見た目の美しさもあり質感も良いので多くの方が愛用しています。このように、個人印鑑を作るときには、耐久性に優れた材質を選ぶことが大切ですし、今、紹介したチタンや天然素材の印鑑は、捺印性にも優れています。捺印性が優れていると、朱肉の乗りが良く、捺印をやり直すようなことがなくなるでしょう。

個人印鑑を購入するときの注意点とは


人生のターニングポイントで活躍する個人印鑑ですが、100円ショップなどで見かける三文判は、同一性が保てないため場合によって使用が制限されることもあります。また、300~1,000円ぐらいの印鑑もありますが、素材が安価なのですぐ欠けてしまったり、珍しい名前は扱っていなかったりします。個人印鑑は、長い人生の重要な財産となるものですから、安価な素材でなく高級感があり、一生使える印鑑を手に入れましょう。
実際の店舗で購入する方法もありますが、インターネットの通販ショップでの購入も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。ネット通販の最大の魅力は、あらゆる素材の印鑑でも、実店舗に比べて低価格で購入することができる場合があります。ネット通販は、店舗を展開するためのさまざまな費用がかからないので、低価格設定ができます。また、ネット通販はセット価格で購入することも可能なので、単品で購入するときよりも安価に購入することができます。
実店舗の場合ですと、実物を手に取って見ることができるメリットもありますが、ネットショップでも細かな商品情報が提供されています。印字の大きさや印象、使用している素材、耐久性などを、さまざまな角度から撮影した高画質の画像を複数枚提示して説明されています。また、印鑑のプロの目から見た注意点なども公開されているので、印鑑を始めて購入される方でも安心して利用することができます。
最近では、印鑑も個性の時代と言われています。和風のデザインやかわいいデザイン、おしゃれな印字、風水の要素を取れ入れた印鑑など、オリジナルな印鑑もネットショップでは作ることもできます。ネット通販では、発送料無料や即時発送など、実店舗で購入するのと変わらないメリットがあります。個人印鑑を作ろうかと考えている方は、以上の注意点を参考にして、一生使える印鑑を選んでみましょう。