印鑑・はんこ専門の激安通販店 -はんこプレミアム-

★お気に入り
新規会員登録
ログイン
はんこ・実印・印鑑の安い印鑑通販店【はんこプレミアム】
GW休業のお知らせ
ご利用方法
ご注文方法
お支払い方法
発送・送料について
商品の梱包について
返品交換について
特定商取引法
コラム
会社概要
プライバシーポリシー
お問い合わせ
サービス一覧
「特急出荷」サービス
デザイン校正サービス
アタリの埋込みサービス
安心10年保証サービス
印鑑の選びについて
印材について
書体について
サイズについて
旧漢字一覧表

※電話での注文は承りません

月~金 10:00~18:00

昼休み(13:00~14:30)

(土・日・祝日休)

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

FAX専用用紙を印刷頂き、必要事項をご記入の上でFAXをお送りください。FAX:03-4579-0561

▼ 2017年04月 ▼
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カスタマーサポート休業日

よく言われる丸印とは一体何か

Column


印鑑作成専門店 TOP > コラム > よく言われる丸印とは一体何か

よく言われる丸印とは一体何か

印鑑にはさまざまなかたちがある



印鑑にはいろいろな形がありますが、使われているもののほとんどは丸い形をしているでしょう。実際には、四角いものもや大きな横型もあります。それぞれ使い方が異なるものもありますが、結論的には印鑑ということで違いはありません。



実印というもので考えた時にもわかりますが、世の中には実印という印鑑は存在しないと言ったら嘘だと思う人もいるでしょう。丸い印鑑を使うことが多くなりますが、登録していなければ、すべて同じ印鑑です。



仮に100万円出して作ったとしても、登録していなければ認め印と同じ扱いにしかなりません。実印として使用しようと考えるのであれば、登録すれば自分の印鑑であるという証明ができるようになり、実印という使い方ができます。



極端な話、印鑑は印材に彫ってあるだけのものであり、その印影が登録されて初めて効力を発揮させることができるということになります。



こうした流れは、企業にとっても変わりません。企業用の印鑑として作ったとしても、登録していなければすべて同じ効力しかないということです。



よく言われることがありますが、領収書に丸印を押すのか角印を押すのかという話題が出てくるでしょう。



実際に何ら登録していないものであれば、どちらを使っても同じです。判を突いたという事実が重要であり、それ以上書き込みをさせないという意味があるだけのことですので、内容が何でも変わりはないということになるでしょう。



勘違いされる人も多い丸印ですが、そもそもどんなものなのかということから考えていくと、その利用方法も見えてくるようになります。





法人にとっての丸印とは何か

<

法人にとっての丸印は、実印としての効力を持つものと理解している人が多いでしょう。起業する際には、法務局に印鑑を登録することになります。



この時に使われている印鑑を実印として扱うことになりますが、丸印でなければいけないという決まりはありません。登記上の決まりは、1辺の長さが1cmから3cm以内の正方形に収まるものとなっています。



このサイズ内であれば問題がないため、丸でなければいけないということはありません。実際に角印で実印を作っている企業も多くあります。そのため、単純に丸印と角印という区別をするのは危険だといえるでしょう。



丸印というものの定義といえば、単純に丸いものということになってしまいますが、それでも企業の実印を指していることも多くなっています。



法人として認められるために、申請をする時に使うもので、あまり乱用するものではありません。



実印としての効力を発揮させるためには、個人同様に印鑑証明書が必要であり、なければ効力は発揮することはできないということになります。しかし、重要な印鑑であるということに違いはなく、取り扱い方は気をつけなければなりません。



さまざまな書類に押してあることを見かけますが、印鑑というものは、絶対に複製できないというものではないということが重要です。



スキャナーで取りこまれ、限りなく近いものを作ることはそこまで難しい技術ではなくなりました。



そのため、大事な印鑑は、できるだけ露出させないということが重要となってきます。どうしても必要な時だけ使うようにすれば、露出が減ることとなり、複製される危険性は少なくできるでしょう。だからこそ、角印が存在するということになります。





丸印を使わないための角印の存在



丸印が実印ということであれば、角印は個人で言うところの認め印です。実印をそうそう使うわけにはいかないため、代わりに使うものと考えるといいでしょう。角印という名前を付けてはいますが、別に丸でも構いません。なにか明確な定義が存在するわけではなく、普段使いするものを総じて角印と呼んでいます。



企業としても、確認したという意味で印鑑を使うことが出てきます。捺印したということが重要で、領収書でも請求書でも、数字の後や名前や名称を記入した後に押されることが多いのは、これ以上加筆されないようにするためです。



確認をしたということで捺印されることもありますが、それ以上の意味はないと考えてもいいでしょう。



ただし、捺印したという事実は変わらないため、一定の証明となります。ですが、実印と違い複数作ることもできますし、真似をすることもできるでしょう。



実印ほどそこまで大きな効力はないと考えられるため、契約書などで証明が必要な時には使われません。使ってはいけないということではありませんが、重要度が上がるにつれて、使われなくなると考えておくといいでしょう。



丸印を実印として考える以上、同じものを銀行印としても使うことは控えたほうがいいでしょう。認め印代わりに使わないということも重要ですが、銀行印として使うと、いざというときに混乱することも出てきます。



もしも、丸印を紛失したり、破損したりした場合には、不都合や場合によっては損失につながることになりかねません。露出の問題も出てくることから、別のものにするということが重要です。