印鑑・はんこ専門の激安通販店 -はんこプレミアム-

★お気に入り
新規会員登録
ログイン
はんこ・実印・印鑑の安い印鑑通販店【はんこプレミアム】
GW休業のお知らせ
ご利用方法
ご注文方法
お支払い方法
発送・送料について
商品の梱包について
返品交換について
特定商取引法
コラム
会社概要
プライバシーポリシー
お問い合わせ
サービス一覧
「特急出荷」サービス
デザイン校正サービス
アタリの埋込みサービス
安心10年保証サービス
印鑑の選びについて
印材について
書体について
サイズについて
旧漢字一覧表

※電話での注文は承りません

月~金 10:00~18:00

昼休み(13:00~14:30)

(土・日・祝日休)

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

FAX専用用紙を印刷頂き、必要事項をご記入の上でFAXをお送りください。FAX:03-4579-0561

▼ 2017年04月 ▼
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カスタマーサポート休業日

はんこの豆知識

Column


印鑑作成専門店 TOP > コラム > はんこの豆知識

はんこの豆知識

はんこを保管する際の豆知識



はんこは重要な書類を提出する際に使用したりするなど、様々な場面で活用ができるアイテムですが、偽造されたり、盗まれてしまったりするトラブルに巻き込まれる可能性もあります。また、手入れについても考えなければ、印鑑登録をし直さないといけないなどの手間がかかります。こういったことを防ぐためにも、ここでは保管方法についていくつか解説します。



まず1つ目はお手入れを考慮した保管場所についてです。印鑑は劣化するとうまく押印することができないなど、はんことして使えなくなってしまうことがありますが、それを防ぐために、まず使わない時はケースを使用するようにしましょう。ケースに入れておかないと、冬の時期などは乾燥してひび割れなど起こしてしまう可能性もあります。



割れてしまったら使うことができないので、ケースへの保管は忘れないようにしましょう。また、基本的にはケースにしまった後は引き出しなどに入れておくようにしましょう。ハダカのまま放置をすると、劣化が進む可能性が高いと言われています。



特にエアコンなどの風が直接当たる場所で保管をすると、ヒビなどが発生する可能性もあります。急な温度変化などがあっても劣化してしまうので、あまり温度の変わらない引き出しの中にしまっておくと良いでしょう。



続いて2つ目は防犯面を考えた保管方法について説明します。まず重要なこととしては、はんこは大切なものなので他人に分かるような場所には保管をしないことです。例えばテーブルの上などに放置している人もいますが、テーブルの上などに保管をしていると、来客時に盗まれてしまう可能性も考えられます。



他人が手を伸ばせば取れるような場所に置いておくと、トラブルに巻き込まれる可能性もあるので、他人の目がいかない場所を選んで保管するようにしましょう。保管場所としては引き出しの中や金庫の中などが適切です。



また、大切な書類と同じ場所には保管をしないようにしましょう。実印と印鑑証明書を一緒にしたり、不動産の権利書、小切手などと一緒にするのも危険です。そして、通帳と同じ場所に保管をするのも危険なので、はんこと大切な書類に関しては別々の場所で保管をすることが基本です。



このように、保管の際にはいくつか知っておきたいことがあるので、大切に保管をするためにも、ここで説明した2つのことは守るようにしましょう。





いろいろな場所で使用されるゴム印とは



はんこは実印や銀行印だけではありません。また、名前だけではなく様々な文字が彫られているタイプも存在しています。その中でもゴム印は人気を集めていますが、実際に購入について考えている人もいるのではないでしょうか。ここではいろいろな場面で使用されるゴム印のメリットについて紹介をします。



まずメリットとしては、比較的安く購入することが可能な点が挙げられます。はんこと一口に言っても、使用される印材は様々です。基本的には使用される印材によって価格が決まりますが、ゴム印の場合はそれほど高価な素材が使用されていることはないので、安く購入することが可能です。



例えば認め印など印影が多少変わっても問題ないはんこを作りたいと思っている場合で、なるべく安く作りたい人は、ゴム印について検討をすると良いでしょう。



続いてのメリットとしては押しやすさが挙げられます。通常のタイプでは押印マットなどを用意しなければきれいに押印することができないという場合があります。



しかし、ゴム印の場合は押印マットが無くてもきれいに押すことができます。手帳などにすぐに押したいという場合でもきれいに押印をすることが可能です。



このように、ここではゴム印について説明しましたが、いくつかメリットは存在しています。手軽なアイテムで人気を集めているので、興味のある人は購入について検討してみると良いでしょう。





通販サイトの探し方



はんこを購入することができる場所は大きく分けると二つあり、実店舗と通販サイトが存在しています。その中でも通販サイトは、検索するとたくさんのショップが出てくるので、探し方で悩むこともあるでしょう。悩まないためにはいくつか方法があるので、ここでは通販サイトの探し方について解説します。



まず書体の対応できる種類について見ておきましょう。はんこを作る時には書体についてこだわりたい人も多いかと思われますが、書体の種類は様々です。通販サイトによっても対応できる書体、できない書体があります。



中には何十種類もの書体に対応できる通販サイトも存在しています。自分に合う書体が見つけられる可能性が高いので、なるべく書体は豊富に揃えている通販サイトを選ぶと良いでしょう。



また印材についても確認しておきましょう。印材にこだわった方が良い理由としては、耐久性やデザイン性が異なる点が挙げられます。印鑑は長年使用することになるので、後悔しない印材を選ぶためにも、種類を豊富に取り揃えている通販サイトを選ぶようにしましょう。このように探し方としてポイントがいくつかあるので、悩んでいる人は参考にしてみてください。