印鑑・はんこ専門の激安通販店 -はんこプレミアム-

★お気に入り
新規会員登録
ログイン
はんこ・実印・印鑑の安い印鑑通販店【はんこプレミアム】
ご利用方法
ご注文方法
お支払い方法
発送・送料について
商品の梱包について
返品交換について
特定商取引法
コラム
会社概要
プライバシーポリシー
お問い合わせ
サービス一覧
「特急出荷」サービス
デザイン校正サービス
アタリの埋込みサービス
安心10年保証サービス
印鑑の選びについて
印材について
書体について
サイズについて
旧漢字一覧表

※電話での注文は承りません

月~金 10:00~18:00

昼休み(13:00~14:30)

(土・日・祝日休)

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

FAX専用用紙を印刷頂き、必要事項をご記入の上でFAXをお送りください。FAX:03-4579-0561

▼ 2017年04月 ▼
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カスタマーサポート休業日

はんこの種類と風水から見るはんこの選び方

Column


印鑑作成専門店 TOP > コラム > はんこの種類と風水から見るはんこの選び方

はんこの種類と風水から見るはんこの選び方

はんこの種類



はんこにも種類があり、用途に応じて使うべきものが変わってきます。そのため、種類に応じてどれを使うかを選ぶことも必要です。最も重要なものとされているのが実印です。実印は住民登録をしている地域の役所に印鑑登録申請をして受理されたものです。見た目が似たものであっても登録をしているものと同じでなければ実印とは認められません。



実印というのは最も重要な印鑑であり、捺印をすることによって法律上や社会上の権利義務が発生します。公正証書の作成や金銭やその他のものの賃借証書、契約書、遺産相続、自動車登録といった重要な書類に用いられるのが実印です。



このように実印は重要な書類に使うため、実印には唯一性を守ることが必要になります。そのため、銀行印や認印と区別するだけでなく家族でも共同で使わないようにするのが一般的です。また、さらに唯一性を守るための措置として姓と名前とが彫られているものを使うという人も多いです。



銀行印は名前の通り、銀行をはじめとした金融機関での預貯金口座の開設や金銭の出納に使用する印鑑です。複数の金融機関、口座で同じ印鑑を使用しても問題ありません。しかし、万が一印鑑を紛失した場合に全ての口座が使えなくなりますし改印手続きが必要になるので注意が必要です。



最後に印鑑登録をしていない印鑑を認印として使うことが多いです。認印は印鑑証明が不要な書類で用いる印鑑で、郵便物の受け取りや出勤簿、伝票といったものに使われます。認印でも捺印をするために責任義務は発生します。このように日頃私たちが使う印鑑には種類があり、どれがどの印鑑であるのかを区別する必要があります。また、実印のように長く使うものはきちんとしたものを選びたいものです。そこで、最近では風水を用いて印鑑を作成したり区別したりする人もいます。






風水とはんこの関係



風水といえば、運気アップのために行うものでありながら、占いのようなもののように思われることも多いです。風水というのは今から約4千年前に中国で発祥したものであり、気の力を利用した環境学であり、きちんと根拠に基づいた学問と主張している人も少なくありません。



このように説明すると堅苦しく難しく思われがちです。しかし、衣食住や行動といった自分を取り巻く環境を使って運を開くためのものであると考えれば問題ありません。生まれ持った運というのは自分では変えることができませんが、その運をどんどん増やすための行動を示すものなのです。



このように自分の運を開いていくものであるため、風水と印鑑とには大きな関係があります。外国ではサインをすることが一般的ですが、金融機関での日本ではお金の出し入れ、結婚や離婚死亡といった人生の節目となる書類作成、といったもので印鑑が必要です。そのため、自分の人生をより良いものにすること、運を開くための手段として、印鑑を購入する時に風水を用いて選ぶことが有効とされているのです。



印鑑を捺印した書類というのは、自分の代わりに社会に出て行きます。そのため、自分の分身とも言える存在です。印鑑は自分の名字が彫られていればなんでも良いと思う人もいます。しかし、印鑑が分身のような存在として使われるものですから魂が宿るということもいう人もいるくらい印鑑は大事にするべきものです。字画があまり良くないという人でも、印鑑の素材や書体、彫り方、色といったもので自分に合うものを選ぶようにすれば弱点を克服するということが可能になるのです。





風水を用いてのはんこの選び方



自分にあった印鑑を選ぶにあたって、色を基準に選ぶのが一つの方法としてあります。自分の必要としているもの、弱点、より高めたいものといったものを考えてそれにあった色の素材を選ぶようにすると、開運に有効であると考えることが可能です。



例えば、仕事の重要な場面で捺印をするときには決断力が必要になります。そこで、決断力を高めたい時には赤いものが有効であるために赤い素材を選ぶのがオススメです。



そういった素材としてはアグニがあります。アグニの印鑑は決断の場面である仕事で用いる以外にも健康運にも効果があるので健康に不安がある人が使用するのもオススメであるといえます。



天然石といえばまずイメージされる水晶には開運の効果があるとされています。悪い運を遠ざけることで財運を高める効果があるとされており、そのために実印に用いるという人も少なくありません。



昔から金運といえば黄色が有名ですが、印鑑でも金運を上げたいという場合には黄色いものを選ぶ人がいます。黄色い素材としてはシトリントパーズやタイガーアイがあり、金運向上のために銀行印に用いるという人も多いです。



また、黄色には積極性の意味がある色であるために、仕事をしていて積極性が足りていないと思っている人や変革を必要としている時に黄色いものを用いるという人もいます。



女性の場合にはピンクの印鑑を選ぶ人も多いです。ピンクには華のある人生という意味があり、ローズクォーツは結婚や幸運、恋愛運が向上するとされています。そのため、婚活中の女性が使用することも増えています。女性の大切な場面でも大活躍してくれます。