印鑑・はんこ専門の激安通販店 -はんこプレミアム-

★お気に入り
新規会員登録
ログイン
はんこ・実印・印鑑の安い印鑑通販店【はんこプレミアム】
GW休業のお知らせ
ご利用方法
ご注文方法
お支払い方法
発送・送料について
商品の梱包について
返品交換について
特定商取引法
コラム
会社概要
プライバシーポリシー
お問い合わせ
サービス一覧
「特急出荷」サービス
デザイン校正サービス
アタリの埋込みサービス
安心10年保証サービス
印鑑の選びについて
印材について
書体について
サイズについて
旧漢字一覧表

※電話での注文は承りません

月~金 10:00~18:00

昼休み(13:00~14:30)

(土・日・祝日休)

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

FAX専用用紙を印刷頂き、必要事項をご記入の上でFAXをお送りください。FAX:03-4579-0561

▼ 2017年04月 ▼
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カスタマーサポート休業日

はんこの歴史とこれから

Column


印鑑作成専門店 TOP > コラム > はんこの歴史とこれから

はんこの歴史とこれから

はんこの起源と広がり



現代の日本ではあらゆる生活場面ではんこは欠かすことができません。その歴史は古く、紀元前3500年頃、今からさかのぼること、約5500年前のメソポタミア地方で発祥したといわれています。当時は今の印鑑とは違い、絵や文字の刻まれた円筒状の印章を粘土の上に転がして押印するスタイルでした。メソポタミアのはんこは、穀物や織物、財宝などの財産が入ったツボに封印をして、自分の所有を示す目的があったようです。その後はんこはメソポタミアからエジプト、インダスと伝わっていきました。



日本を含む東アジア地域でのはんこの発祥は中国といわれています。秦の始皇帝が印章専用の文字を設定し、正式に官印制度を統一しました。印章文化はその後の漢の時代でさらに発展して、多くの印鑑が使われることになります。教科書でも有名な「漢倭奴国王印」はその当時の皇帝が日本に送った金印ですが、漢の時代には諸国の王に「信頼・統治の証」として印章を送るようになっていました。この漢の時代の成熟した印章制度が、後に日本の印章制度の礎となっていったといわれています。



このように中国では大きく印章文明が発展、確立されていったのと対照的に、広がりを見せていた欧州諸国での印章の習慣は、サインに取って替わられ衰退していきました。ちなみに現在、はんこの実効的な制度が残っているのは日本と韓国の2国のみといわれています。欧米ではサインが主流となっていますし、東洋の印鑑発祥国である中国では、はんこ自体は存在するものの、押印・捺印に法的な実効力はもたないようです。





日本におけるはんこの歴史



日本で最古のはんことされているのが、先ほども出てきた「漢倭奴国王印」です。福岡県志賀島で出土され、現在でも国宝として保存されている金印で、西暦57年ごろに中国・後漢の光武帝という皇帝が、日本の倭奴国に授けた印章とされています。ただ、この頃の押印は「認める」といった現代的な意味合いはなく、「信頼の証」といったシンボルとして使用されていました。



本格的に日本に印章が広まったのは、大化の改新以後、遣隋使によって中国の文化が日本に伝わってからといわれています。奈良時代には中国の官印制度が導入されて、大宝律令が整備され、天皇御璽や国司の印などの公印が使われ出します。



平安時代には、公印以外にも、藤原氏などの貴族には私印の所持・使用が認可されます。荘園など自らの土地・財産を管理していることを、私印によって主張するようになったのです。この頃の印章は、現代のはんこの持つ意味合いとかなり近くなってきましたが、まだ一般庶民に印章は所有できず、人差し指で点をうつ「画指」が印章の代わりに用いられていました。



その後、平安時代の末期にかけては、印鑑の代わりに文字を絵のようにデザインした一種のサインとも呼べる花押が台頭します。公家や武将など権力者の間で、独自のデザインを施した花押が広く使用され出します。しかし、戦国時代には武将などが花押のほか、独自の私印を使用するようになります。織田信長の「天下布武」などの印文をはじめ、虎や竜、獅子などを表した私印を使い、自身の権力や強さを誇示しようと工夫がされています。さらに時代は流れ、日本の印鑑制度自体はどんどん発展していきますが、驚くべきことに庶民は相変わらず拇印、爪印などを用いたままだったのです。



そしてついに1873年(明治6年)10月1日に太政官布告が制定され、公式書類に署名と実印を捺印することが法律によって定められました。これによって、ようやく庶民にも印章を使用できるようになったのです。何人たりとも平等に、はんこ使用できることになった日を記念して、全日本印章業組合連合会が10月1日を「印章の日」と定めています。こうしてはんこの歴史を見てくると、大昔から近代までのとてつもなく長い間、日本での印鑑は一部の権力者や有力者しか所有や使用を認められなかったことがよくわかります。




はんこの現在と未来




そして現在、日本では実印、銀行印、認印と用途によってはんこの種類も増えました。個人で持つ印鑑のほか、法人用の印鑑もありますからさらに多様化しています。



長い間庶民の使用が制限されてきたはんこですが、ここまで歴史を見てきて分かるように、日本には長い時間をかけて印章文化が強く根付いています。日本に暮らしている以上、私たちとはんこは切っても切れない関係があります。売買、結婚、離婚などあらゆる契約、銀行口座開設、本人証明などさまざまなシーンに捺印が不可欠となっており、未来の日本においても、はんこの地位が急激に変わることはないと考えられます。



しかし、技術の発達がめざましい現代ですから、はんこの技術的な側面はどんどん発展していくでしょう。伝統的な水牛などの素材のほか、最近では永久に使えるといわれるチタン素材の印鑑も登場しています。未来ではさらに発達した素材や技術を備えたはんこが開発されると思われます。



長い間印鑑の使用が厳しく制限・禁止されてきた先人の方々とは対照的に、現在では好きなはんこを持つことができ意思を表すために自由に捺印も認められています。そんな幸せを噛みしめながら、未来へと長く使い続けられるはんこを選ぶのも大切なことといえるでしょう。