印鑑・はんこ専門の激安通販店 -はんこプレミアム-

★お気に入り
新規会員登録
ログイン
はんこ・実印・印鑑の安い印鑑通販店【はんこプレミアム】
ご利用方法
ご注文方法
お支払い方法
発送・送料について
商品の梱包について
返品交換について
特定商取引法
コラム
会社概要
プライバシーポリシー
お問い合わせ
サービス一覧
「特急出荷」サービス
デザイン校正サービス
アタリの埋込みサービス
安心10年保証サービス
印鑑の選びについて
印材について
書体について
サイズについて
旧漢字一覧表

※電話での注文は承りません

月~金 10:00~18:00

昼休み(13:00~14:30)

(土・日・祝日休)

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

FAX専用用紙を印刷頂き、必要事項をご記入の上でFAXをお送りください。FAX:03-4579-0561

▼ 2017年04月 ▼
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カスタマーサポート休業日

なぜ、重要な書類に印鑑を押す必要があるのか

Column


印鑑作成専門店 TOP > コラム > なぜ、重要な書類に印鑑を押す必要があるのか

なぜ、重要な書類に印鑑を押す必要があるのか

自分の印鑑を持つ



最近では何でも100円ショップで購入をすることができます。そのため、とりあえず100円のものを購入して、欲しいものが出てきたら高価なものを買い直そうと考える人も少なくありません。しかし、一度購入してしまうとそれで事足りることも多いので、なかなかきちんとしたものを購入するタイミングを見失ってしまうことも多いです。



このような買い物として多いのが印鑑です。最近ではインク内蔵タイプのものも、ちゃんと彫られたものもどちらも100円で販売がされています。そこで、とりあえず購入をしてそのまま使用してしまうという人も多くいるのです。特に女性は結婚をして名字が変わるということも多く、書類の捺印の時に急遽新しい名字のものが必要となり購入しなければならないということもあります。購入してしまうとそれで事足りてそのまま使ってしまうという人も少なくありません。



しかし、印鑑というのはとても大事な書類に捺印をすることもあります。郵便物の受け取りや、出勤簿への押印といったものから契約書や申込書への押印、金融機関でのお金の引き出しといったものまで様々な場面で使用します。公的な書類にも使用するものですし、人によってはビジネスの中で使うものでもありますから、自分の身代わりと言っても過言ではないものです。そこで、あまりリーズナブルなものを使用するよりはきちんとしたものを購入していきたいと考える方が多いです。



とはいえ、いざ購入をしようと思ってもどのようなものを購入すれば良いのかわからないという意見もあります。そのため、購入するものを選んでいく中で、どのような場面で押印をするのかということを知ることも重要です。そこで、まずは自分にあったものを選ぶためにも押印をする書類の種類について知ることから始めましょう。





印鑑を押す意味



押印をするにあたっては、使うことのできる印鑑に種類があることを知ることが必要です。最近では便利なインク内蔵タイプ印がよく使われるようになっています。インク内蔵タイプ印は朱肉を使わずに押印ことができるためにとても便利で多くの人が持っているものでもあります。しかし、書類によっては使用することができません。



なぜインク内蔵タイプ印が使用できない場面があるのかについては、まず書類に押印をするという意味を知ることが必要です。外国ではサインをすることが当然ですが、日本では押印をすることが当たり前になっています。押印をするということは、本人が自分の意思を持ってその印を押しました、ということを意味しており、本人の意思の証明となるのです。



インク内蔵タイプ印は一時的にたくさんの押印が必要なものや急いでいる時にすぐに押すことができるというメリットがあります。このメリットを出すために素材がゴムの柔らかい素材でできています。



そのため、何度も押していると印影に変化が出てしまうという問題があり、時間の経過によって印影の違いから同一印という証明とならなくなってしまうのです。また、インク内蔵タイプ印というのは全く同じものを入手することが簡単にできます。そのため、偽装されてしまうという問題もあり、そういった面からも押印の際にインク内蔵タイプ印が認められないケースがあるのです。



そこで、重要な書類となるものについては、インク内蔵タイプ印ではなく、認印や実印と言われている彫られた印鑑を使用します。この彫られたものであれば偽装することも難しく唯一性を出すことができるのです。





重要な書類に押す印鑑



認印と実印という二つのものがあります。この二つはインク内蔵タイプ印でなければなんでも良いと考えて同じものを使用しているという人もいますし、リーズナブルなものを購入してそのまま使っているという人も多いです。しかし、それぞれの意味、使用する書類の種類を頭に入れておくときちんとしたものを購入しようという気持ちが生まれてきます。



実印というのは市区町村の役所に自分の印鑑として登録をしているものであり、印鑑証明書が交付されるものです。そのため、この実印が押されているものは役所に提出している実印と同じものを押すことによって自分が作成したということを公的に証明することができます。そのため、万が一自分に不利益が生じる内容であったとしても、自分が理解納得した上で押印をしたこととなり、契約不履行とすることは無理であることが多いです。



このような重要なものとなりますから、家族とも違うものを作ることが多いですし、苗字だけでなく氏名まで入れるというケースもあります。重要なものに使用するものですから、唯一性を出すことが重要であるために彫られた印鑑を使用している人が多いです。



それに対して認印というのは実印以外のものを指します。基本的に法的な効力は実印と認印とで差はありません。しかし、実印のような重要なものを持ち歩くことは不安ですし、紛失した時にもすぐに対応ができるよう、いくつか使い分けをしておく方が安心ということで使われます。特に金融機関への届出印は複数のものを使っておくことで紛失をしても他の金融機関でお金の引き出しができるというメリットもあるのです。